fcb.portal.reset.password

Tata Martino ha repassat l'actualitat blaugrana abans del partit de Lliga contra el Sevilla / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

タタ・マルティノは、カンプノウで土曜日にセビージャを前に代表戦の二日酔いや来週の水曜日のチャンピオンズリーグのデビュー戦を考えずに、全神経を集中して、リーグ戦を戦う。

・リーグ戦
「チャンピオンズリーグは、多くの期待を生み出すが、リーグは毎回、特別な注意を払わなければならない。38節の間、他にメリットを与えないように特別な注意を払い続けなければならない」

「代表戦はセビージャを相手に最大限の力を出してプレーできない言い訳にはならない」

「なんの災難にも合わなかったし、セビージャ戦の準備をする時間があった」
「今季が始まってから、最高の形を魅せることができた、バレンシア戦での前半のような態度で臨むことが繰り返されることを願っている

ペドロの招集外
選手がプレーしてきた時間を考えなければならない。ペドロはチリとの試合で非常にハードに働いた

・メッシとネイマール
(長距離遠征があったが)「土曜日に、どんな状態か、試合を最後まで終えられる状態かどうか、わかるだろう

・セビージャについて
エメリーが率いるチームが常にそうであるように、難しい(試合になる)

・カルラス・プジョル
ずっと声を大にして叫んでいた三番目のセンターバックを手にできて、チームにキャプテンが帰ってくる。これは全員にとって非常に良いことだ。初めてグループ練習に参加できて、彼はとても満足している。来週、練習内容が更にハードになるだろう。レアル・ソシエダ戦の後、もう少し、きちんとした練習を用意するつもりだ」

ピケの発言
「何も悪いことは言っていない。彼はこのスタイルでプレーするのが大好きだが、対戦相手はバルサのプレースタイルを常にチェックしている。私達は他のオプションも持たなければならない」」

・しょっちゅう、ファウルを受けるネイマールについて
ネイマールはファウルを受けても、立ち上がってボールを地面に置き、プレーしなければならない。ただ、それだけのことだ」

メッシと代表招集
「私達はアルゼンチンサッカー協会に彼を招集しないようにとの依頼はしていない。彼は代表とプレーしたがっている」

上に戻る