fcb.portal.reset.password
タタ・マルティノとホセ・マヌエル・ピント

タタ・マルティノとホセ・マヌエル・ピント

チャンピオンズリーグ第5節、アヤックスとの対戦前日に記者会見で、タタ・マルティノとホセ・マヌエル・ピントが話した内容概要は、以下の通り。

ヘラルド・タタ・マルティノ

・試合
「私達は、勝つこと以外、考えていない」

「センターバックの誰ががサイドバックをやるか、さもなければ、パトリックがスタメンでプレーするかだ。それがサイドバックのオプションだ」

私達は、美しくプレーする義務があり、それに近付かなければならない。ただ、有利な結果が出せればいいわけではない。勝ち続け、尚且つ、今より、もっと納得できるプレーの可能性を探し求めなければならない。

「私達は、美学を持ってプレーしなければならず、それに近付かなければならない。ただ、有利な結果が出せればいいわけではない。勝ち続け、尚且つ、今より、もっと納得できるプレーの可能性を探し求めなければならない。クラブにふさわしい高みに近付かなければならない」

「常に最も大事なのは目の前にある試合だ。決して、その先にあることを考えてはならない」

「メッシを数にいれられないのは、困難なことだ。だが、バルサの対戦相手であれば、彼がプレーしないのはメリットだろう。幸運なことにバルサが手にしている豊かなカンテラと選手のおかげで、私達は言い逃れをすることはできない。バルサは選手の不在を認識しなければならないが、内容のいい試合を行なうのが、最良の方法だ」

よくできているチーム

・アヤックス
「いつも、アヤックスは非常にいいチームだと考えていたし、常にクラブ育ちの若者を上手に使っている」
「私達は、難しい相手と戦うことになるとわかっているし、その結果、グループ内2位になるかもしれない」

「昔のアヤックスの写真を見ていると、バルサのプレースタイルの責任がどこにあったのかを思い起こすことになる。この二つのクラブは密接につながっており、アヤックスのスクールは現在のバルサに大きな影響を与えている」

ホセ・マヌエル・ピント

「ビクトルほどのゴールキーパーはいない。彼の代理をつとめるのは、大きな目標だし、その責任を追えるのが嬉しい。自らが成長する一つのチャンスだと思っている」

ビクトルほどのゴールキーパーはいない。彼の代理をつとめるのは、大きな目標だし、その責任を追えるのが嬉しい。自らが成長する一つのチャンスだと思っている。

「あらゆる試合が特別で、素敵だが、チャンピオンズリーグはより魅力的だ」

「今回の件は、日々の練習と努力してきた仕事への一つの褒賞だと思っている。なにかを改めて証明する必要もないし、監視されているとも思っていない」

「調子よくプレーできると感じている現在は、その間はサッカーを続けていきたいし、契約更新もしたい。でも、僕は一日、一日を生きたい。今は、プレーし、働く時だ」

調子がよいと感じられる間はサッカーを続けていきたいし、契約更新もしたい。

上に戻る
_satellite.pageBottom();