fcb.portal.reset.password

Els jugadors fan pinya abans del duel contra el Llevant / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

水曜日にスーパー杯の決勝を戦う前に、 ベルナン・シュスターの率いるリニューアルしたマラガが、ヘラルド・マルティノの新生バルサに二度目の試験を仕掛けるチームとなる (21時, Canal +局)。 バルサにとっては、カルデロンで行われたスーパーカップで左太ももを痛め、用心のため、招集リストから外れたメッシ不在の初めての遠征となる。マルティノは、この試合に 19人の選手を招集した。 気の緩みも言い訳も許されず、今週の日曜日にロサレダで再び、内容のいいプレーを行なうことを期待している。「ファイナルを勝ち取るのは素晴らしいことだが、昨年、最初の4か月にリーグ戦を決定的にしたのも確かだ。私達は(スーパー杯があるからといってリーグ戦)何もおろそかにはできないマルティノは土曜日に明言した。

メッシの欠場は微妙な問題だが、チームメートがその欠場を補って余りある。バルサは、リーグ戦でメッシが欠場した最近の3試合で、勝利ーバジャドリード、エスパニョール、マラガ戦ーを手にしてきた。最後にそれを経験したのが、興味深いことにマラガだったが、今回は同じ経験をホームでのデビュー戦で行なうことになる。

ロサレダ、バルサが魅せるスタジアム

バルサはロサレダでの好調を続けたいと思っている。もしも、マルティノがマラガで勝利をあげれば、それは7回目の勝利になる。昨シーズン、ティト・ビラノバのチームはリーグ戦でリサイタルを披露し(1-3)、おかげで歴史に残るリーグ前期の最高勝ち点記録(55)を達成した。とはいえ、この夏、昨年から比べて多くのチェンジがあった。特にマラガサイドは大きく変わっている

新顔の多いライバル

ベルナン・シュスターが、再び、FCバルセロナと対決することになる。最後に顔を合わせてから5年ぶりだ。シュスターは、ペレグリーニの後任であり、リニューアルしたチームを率いている。イスコ、ホアキン、デミチェリス、ロウララン、バプティスタ、サビオラなど、多くの軸となった選手が去っていき、代わりにこれから伸びしろのある選手が来た。 顔ぶれが変わったとはいえ、マラガはバレンシアを前にリーグデビュー戦で堂々と戦い、わずかに1点差でメスタージャで敗戦を喫した。(1-0)。若手のポーランド人FWパウロブスキー がバルサを前に戦うシュスターの新兵器となる。

上に戻る