fcb.portal.reset.password

Thiago, amb el trofeu de campió. FOTO: @Thi_Alcantara91

UEFA は、ティアゴ・アルカンタラをイスラエルで行われた今回のU-21ユーロにおけるMVPを与えた。バルサの選手は、決勝でイタリアを相手にハットトリックを決め(4-2)、2011年のU-21ユーロについで、 大会のベストチームにおけるプレーヤーとしての経験を再び、手にした。

UEFAの公式サイトで、テクニカルチームは、23人もの選手をリストアップし、その中からベストプレーヤーとして、バルサの選手、ティアゴを選んだ。その理由を下記のように記して、絶賛した。 「勝者のメンタリティを持ったチームキャプテンとして、ティアゴは大会を通してそのリーダーシップをピッチ内外で発揮し、チームの活躍に多大な影響を与えるキャラクターとなった。その見事ないわゆる‘アールラウンドミッドフィルダー’としての役割、抜きんでたボールコントトール、また、プレスをかける際の試合時間におけるマネージングの起用さ、ファウルなどを犯すことをせずにその巧みさでボールを奪うインテリジェンス、パスの長短を使い分けるその動きとそのテクニカルプレーなどを通し、影響を与えた。彼の決勝での3ゴールが、唯一、彼の個人プレーによる制覇であり、それは彼の代表チームの成功にもたらした数々の功労に対する褒賞だった」

バルサの選手が更に二人

この才能あふれるミッドフィルダー以外にも、FCバルセロナから23人のMVP候補者リストの中に、二人の選手が含まれていた。ジュレン・ロペテギが率いたチームに不可欠だった二人のディフェンダー、マルク・バルトラとマルティン・モントヤだった。その他にも、スペイン代表からその23人の中に、ダビッド・デ・ヘア、アルバロ・モラタ、ロドリゴ、イニゴ・マルティネス、アルベルト・モレノ、アシエル・イルラメンディ、コケが選出された。

上に戻る