fcb.portal.reset.password

Tito Vilanova, en la roda de premsa d'aquest divendres. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

誰もが待ちわびていた日がジョアン・ガンペル練習場にやってきた。多くのメディアがティト・ビラノバがバルセロナに復帰してから、初めての公式記者会見を取り巻いた。バルサのトップチームの監督は、楽観的なトーンを失うことなく、活力ある様子をみせた。今後についてきかれたティトの答えに曇りはなかった。: 「私は力強く感じている。健康が許す限り、続けていきたいという気持ちでいっぱいだ」、 「必要なプロセスを終えた後、私の具合はとてもいい。日々、具合はよくなっているし、ここに戻ってきた気持ちでいっぱいだった」と話した。

"この仕事は私にとって重荷ではない。医師団は、私にできる最良のことは仕事をすることだと言っていた "

また、ビラノバは、自分がアメリカにいる最中、どのように仕事を続けていたかについても説明した。いわく「距離の問題があった。ニューヨークでは、一日一日が気持ちよく過ごせたし、ニューテクノロジーのおかげで、チームとも常にコンタクトをとることができていた」 非常につらい時間も過ごしたティトだが、いかなる時も、決してこの仕事を投げ出すことは考えなかった。「二日間の休日があると、何をしたかいいかわからない。この仕事は私にとって全く重荷でもなければ、プレッシャーにもならない。医師団は私にできる最良のことは、働くことだと言ってくれたよ」と明かした。

感謝しているティト

メディアの前に再び、現れたティトは、特に彼の助手のメンバーへの感謝の意を述べた。「ロウラとアルティミラは、手本となるべき、非常に高いレベルの仕事をこなしてくれた」 また、クラブの決定についても、「監督不在のトップチームなど、他の場所だったら、非常に困難な状況だったことだろう。クラブがとった決断は非常に難しいものだっただろうし、他の状況が起きていたとしても、私はそれを理解していただろう」と表現した。更に、選手らに対しても、「リーグ戦のポジションをキープし、6年連続でチャンピオンズリーグの準決勝にいてくれた選手達には、満足しなければならない」と感謝と満足度を示した。

バイエルン戦への目的

純粋にサッカー面についても、ティト・ビラノバは、アリアンス・アレナでの敗戦について、 「確かにバイエルンは素晴らしいレベルで挑んできて、私達は悪くはなかったが、最良の状態ではなかった。とはいえ、試合は実際は4-0ではなかった」と分析し、第二レグについては、 「私達はバルサだ。私達は彼らを前に競合できる力があるし、勝つことができるとサポーターの前で証明しなければならない。その結果がどうなるかは、追ってわかるだろう。私達は信じてプレーすべきだ。難しいのはわかっている。だが、だからといって、試合を投げることはできない」と明言した。

[[DES_1]]

リーグ優勝は、早いにこしたことはない

そうはいっても、まずは、サン・マメスでの試合が待ち受けている。リーグ優勝を達成する前の試合だ。だが、ティトの考えは明快だ。「できるだけ早く勝てればその方がいい。どの瞬間だろうが構わない。優勝したい」。 また、ティトは、「常に向上できる部分はある」と自らを戒めながらも、「私達は素晴らしいリーグ戦を戦ってきた。これだけ強いスペインリーグで、私達が手にしてきた勝ち点数を達成できたのは、私達の仕事がよかったという意味だ」と言い切った。

将来を見据えて

  記者会見の最中に、将来に向けて、具体的な名前があがったが、ビラノバはできるだけ、その件については控え目にふるまった。ティトいわく、「まだ、シーズンの最も大事な部分が残っている。今、誰が来季、出て行って誰が来るという話をするのは良くない」 と考えているただ、はっきりしているのは、ミュンヘンでの4-0がその決定に大きく影響することはないということだ。「一年を通して、私達は来シーズンに向けて計画を立ててきている。それが今まで話してきたことと大きく変わることはない。このチームを向上させるのは簡単なことではない」と答えた。また、二つの非常に繊細なテーマ、アビダルとバルデスのテーマについては、アビダルは「今までと同じように、一歩ずつ進んでいくだろう」といい、また、バルデスについては、「後、1年続けることに全く問題はない」と話した。バルデスは2014年に契約が終了するが、その後、契約更新の意思がないことを表明している。

ビルバオ戦招集リスト

バルデス、ピント、アウベス、ピケ、ファブレガス、チャビ、ビジャ、イニエスタ、アレクシス、メッシ、ティアゴ、ドス・サントス、バルトラ、ペドロ、ジョルディ・アルバ、モントヤ、アドリアーノ、アビダル、ソング、テジョ

上に戻る