fcb.portal.reset.password

 

ブラジルはコンフェデレーション杯を前に、フランス代表とポルト・アレグレで親善試合を行ない、堂々と祖父りを挙げた。バルサのプレーヤー、ダニ・アウベスとネイマールも勝利に貢献した。アウベスはフル出場を果たし、ネイマールは、88分に決まった2得点目のアシストを送った。

スコラーリの率いるチームは53分にフレッドのパスを正確に決めたオスカルのゴールで先制点をマークした。だが、試合が決まった2-0はモウラが右サイドからカウンターで攻めたことから、生まれた。モウラのセンタリングがネイマールの足元に届き、ネイマールがエルナンネスにアシストを送った。そのクロスシュートをGKロリスは止めることができなかった (85分)。 ロスタイムにモウラはPKで3点目をマークした。

ソングのカメルーンは黒星
一方、アレックス・ソングは90分フル出場したが、トーゴを前に2014年ワールドカップ予選の試合を2-0で落とした。ゴールはアメウォウ (32分)、アタコラ  (70分)が決めた。この結果を手に、アフリカのグループI間の差異は縮まった。リビアとカメルーンが6ポイント、コンゴが5ポイント、トーゴが4ポイントだ。

スペインU-21は、再び、辛勝

家すら得るで行われているユーロで、スペインU-21は、初戦のロシアの対戦で、勝利を手にするのに苦労したが、再び、同じことが起きた。途中出場したばかりのモラタが勝利をもたらした。今回の犠牲者はドイツだった。バルサからは、モントヤ、バルトラ、テジョ、ティアゴが再び、スタメン出場を果たした。

そのティアゴが前半に最高のチャンスを得たが、そのシュートはポストに弾かれた。後半、スペイン代表は攻撃力を増し、特にテジョの右からのスピードプレーのおかげで、攻撃オプションを手にしたものの、最終的にモラタが85分に決定弾を決めた。1-0が準決勝進出を与えた。

上に戻る