fcb.portal.reset.password

Roura, a la banqueta amb Tito Vilanova i Aureli Altimira. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

Altimira, Vilanova i Roura, amb la Lliga al Camp Nou / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

幸先のいいスタートが鍵

ビラノバとロウラは、今回、バルサが22回目のリーグ優勝をするにあたって、幸先のいいスタートを切ったのが鍵になったという点で一致した。「前期を幸先よく切ることができるのは、とても大事だったし、非常に難しいことだった。その瞬間まで、選手は私のことを第二監督として見ていたし、私が第一監督として右傾羅られるかどうかの変化と疑問がそこにはあった。ある場所で第二監督だったのが、別の場所で第一監督になるのとは違う。ここにいるのは、好き嫌いにかかわらず、私のことを第二監督として以前見ていたのと同じ選手なのだから」とビラノバは明言した。

だが、アウレリいわく、この役割の変化は、選手達にとっては全く問題ではなかったという。「最初に(第一監督としての)話を(選手の前で)した時から、誰もが既にティトのことを第一監督として見ていたよ。これだけの注意を持って選手が効いている様子を見ていれば、(ティトが)話していることを選手が信じているのが見てとれたし、彼らは(ティトが)ロッカーチームのリーダーだと確信していたよ」と話した。

ティトは彼のはっきりした性格がこの変移を容易にしたのだと信じている。「私の性格によるものだろうが、私自身、彼らと第二監督としても、すごく近しくも、友人としても付き合うような関係はもっていなかった。常に一定の距離を保っていた。それは私の性格によるものだと思う。それが最終的にはメリットになったのではないかと思う」と意見した。ティト「私が病気になった時、クラブが下した決定はここでしかありえないこと。他のクラブだったら無理だっただろうと確信している」

12月に、シーズン最悪のニュースが届いた。ティトの病気の再発であり、再び、手術を受ける必要が生じたのだった。「これは、誰もが期待していなかったことだった・・・が、そこである種の決定を強いられた」とロウラが話し始めた。ティト・ビラノバは、そのシーズンで最もつらい瞬間を思い起こし、「この手の病気には、常に再発の恐れがつきまとう。だが、私の場合は、それがないだろうという感触を得ていた。手術の際は、全てが模範的なほど完璧に流れた。クラブは非常に難しい決断を下した。私はその決断が異なるものであっても、それを理解しただろう。他の監督を据えたいという決断であっても、そのクラブの決断を支持したことだろう」と話した。

だが、強化担当と幹部の決断に迷いはなかった。サンドロ・ロセイ会長とアンドニ・スビサレタ強化担当は、ティトが第一監督として続投し、ティトの不在の間は、ジョルディ・ロウラがその代りを務めると明言した。「クラブが下した決断は、ここ(バルサ)でしか、ありえないことだ。多くの人達が私達をこのホームで育ててくれ、多くの選手達がこのホームで生み出され、‘スタッフ’という名の多くの人々がここにいるからこそ、なしえたのだ。だが、これが起きるのは、他のクラブでは不可能だったと私は確信している」とティト・ビラノバは語った。

ティトは、治療のためにニューヨークに行かざるを得なかった時も、遠距離から手綱をとり、アメリカにいながら、その瞬間に起きていることをその場で見ることなく、決定を下さなければならなかった。そういった全てを含めて、コミュニケーションは非常に円滑だった。ニューテクノロジーと電話というシンプルな手段が、ティトが常に協力してくれるスタッフとコミュニケーションをとるための助けとなった。ロウラは「決定を下す時は、まるでティトがここにいるかのように全く同じだった。私達はダイレクトにつながっていた」と話した。

ティト「彼らより、試合が良く見えていたよ」

テクニカルスタッフは、WhatsApp(スペインでポピュラーな携帯電話間の無料メッセージサービス)伝説を崩した。 「私達がしたのはーティトが説明したー15分から20置きに固定電話(不安定な電波状況を避けるため)でどう思うかと電話で直接話すことだった。それをもとにまるで三人でベンチに座っているかのように、決定を下していった」のだった。

ティトは、自分が不在だった間の詳細を更に話した。「私は常にチームを追っていたし、その都度の決定に加わっていた。唯一、昨年と異なっていたのは、距離だけだった。ニューヨークにいることがその場にいることを許してくれなかったものの、私は普通の生活を送っていた。散歩し、バスケットやホッケーを見に行き、もし、パリにいたらなら、全試合に行っていたことだろう。その前の年も同じプロセスを踏んだ。‘キミオ’(化学療法)を行ない、ラジオセラピーを行ない、練習場に足を運んでいた。もし、距離が許すなら、同じことをしていただろう。 練習を見に行き、情報をクラウドで送ってもらい、そこから、自分の意見を言ってね。試合はテレビで見ていたが、彼らよりよっぽど良く見えていたよ」。

最終的に、ビラノバは、バルセロナに戻り、記録に残るリーグ優勝を手にした。それを振り返る時が訪れ三人とも今季、学んだことが多くあったという点で一致した。「誰よりも、一番多く学んだのは俺だよ!俺は‘スタッフ’として新人だったんだからね!」とロウラは語った。 ティト・ビラノバは、とりわけ満足した理由について、「常に、正直に選手と真正面からぶつかった結果、ティト、ジョルティ、アウレリが自分達を騙すことがなかったと誰もが口を揃えて言うだろう。もし、私達が彼らを騙すようなことがあれば、その翌日には全ての信用が地に落ちると私達はわかっていた。私達はするべきことを行なったし、それが私達が今後も続けていかなければならない道だ」と話した。

[[BOTOVERMELL::勝ち点100のリーグを内側から振り返る++前半(1/2)はこちらから::http://www.fcbarcelona.jp/football/first-team/detail/article/vilanova-roura-altimira-talk-about-100-points-league::HOR::::NO-TRACKING::::::]]

上に戻る