fcb.portal.reset.password

バルサB初練習

FCバルセロナは、6月10日(水)、レベルファイブスタジアムにてアビスパ福岡と親善試合を行なうため、試合前日に日本入りした。午前11時35分に福岡空港に到着したバルサBの選手を、多くの地元メディアやファンが出迎え、選手らは、初めての日本での遠征試合の関心の高さを肌で感じることとなった。

・福岡空港入りするカプトウムとサンペル

欧州では、バルセロナから、フランクフルト乗り換えで名古屋に到着し、そこから更に福岡へと移動したバルサBは、ジョルディ・ビニャル監督の指揮の元、長時間の移動の後、体をならすための初練習をアビスパ福岡のスタジアムにて、行なった。

また、練習には、現在、福岡在住で、元バルサの選手及び監督であるアントニオ・デ・ラ・クルス監督が挨拶に訪れた。デ・ラ・クルス監督は、日本でも横浜マリノスを監督として率いた経験がある。

福岡では、グランド・ハイアット・福岡にて、体を休め、10日の19時から、福岡アビスパとレベルファイブスタジアムにて、対戦する。

明日の試合のための25000枚のチケットは、既に配布されており、明日、スタジアムは満員に鳴る予定だ。

木曜日にはサッカークリニック

今回、召集されたメンバーは、18人であり、オンドア (カメルーン)、バブンスキー  (マセドニア)、ハイロビッチ (クロアチア) 、マキシ・ロロン (アルゼンチン)は、それぞれ、各国の代表に召集されたため、今回の親善試合には召集されなかった。このアビスパ福岡との対戦が、今季、バルサBが行なう最後の試合となる。また、翌日、木曜日には、FCBスクール FCBEscola.)にて、12人もの選手がサッカークリニックを行なう予定だ。

・バルサB空港到着の様子は、ここから!

試合召集メンバー

 A. オルトラ (13)、J・スアレス (25)、カンピンス  (2)、サンペル  (6) 、アダマ (7)、ドンゴウ (9)、ムニル(11)、ビチョ (14)、グンバウ  (16)、J・カマラ (17)、サンドロ (19)  D. ディアグネ(20) 、S. フステ (21) 、R. コスタ (24)、 キンティ (26)、カプトウム  (30) 、パレンシア (32) 、ゴッヅウイル(-) 


上に戻る