fcb.portal.reset.password

行事はアスルグラナの色に染められた会場で、FCバルセロナのジョセップ・マリア・バルトメウ会長、ミッションヒルズ・グループのケン・チュウ会長らが参加して行われた。合意は今後10年間の2団体の協力関係について合意したもので、さらに10年継続される可能性もある。この合意により7つの練習ピッチを抱えるFCBスクール、海南省でバルサを体験することができるスペースを立ち上げることになっている。同合意は2015−2021年のクラブのグローバル展開をにらんだ戦略プランの中の新たな一歩になる。

元所属選手でクラブの大使、ロナウジーニョも参加した行事には350ものメディア関係者が集まった。バルトメウ会長とロナウジーニョはミッション・ヒルズ・リゾートの敷地内に飾るための手形を取った。これまでにはマイケル・フェルプス、アレン・アイバーソン、姚明(ヤオ・ミン)、ボリス・ベッカー、ロナウドといった一流スポーツ選手、ほかマイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ライアン・レイノルズ、アンディ・ガルシア、ヒュー・グラントといった映画俳優、ほかゴルフ選手ではタイガー・ウッズ、コリン・モンゴメリー、ニック・ファルド、グレグ・ノーマンらが訪問の証拠を残している。

海南省政府を訪問

合意サインの前にはジョセップ・マリア・バルトメウ会長、クラブCEOのオスカル・グラウら一行が海南省政府を訪れた。ここでは劉賜貴省長らが歓迎。一行は年間約6000万人の観光客が訪れる土地柄やゴルフ場やリゾート施設が建設されていることなどの説明を受けた。

FCバルセロナ ジョセップ・マリア・バルトメウ会長のコメント

「本日みなさんとともにこの歴史的な協力関係の第一歩を踏み出したことをうれしく思っています。我々はミッションヒルズとともに海南が中国のサッカー、地域一般の中心になるよう取り組んでいきます」

「この目標のもと、我々は海南に我々のサッカーアカデミーを設立すべく取り組んでいます。これはクラブの完全主導で管理・運営する最初のスクールになります。またFCバルセロナをインタラクティブに体験するスペースを開設しているところで、これもバルセロナ以外では最初の試みです」

「我々は海南が将来性のある地域だということを承知しています。アジアでも有数の観光地の1つで、それはミッションヒルズがここでゴルフ場やその他のインフラ整備をしたこととも大きな関係があります」

「最後にFCバルセロナの中国進出に協力していただいたミッションヒルズに感謝の言葉を送らせてください。ここに居られることは名誉であり誇り、さらにサッカーの将来を担うことになるでしょう」

上に戻る