fcb.portal.reset.password

ペニャバルセロナイベント

地元のスポルト紙にも、その様子が掲載された

 FCバルセロナを愛する日本人サポーターが、一同に集結した。ペニャ・FCバルセロナ・ジャパン(以下、PBJ)の山田副会長がバルセロナを訪問したのをきっかけに、今回は、日本とバルセロナ繋ぐ日本バルセロナ協会の代表の山下氏が、バルセロナ市内に展開している自身の飲食店の一つ「遊」を会場として、提供してくれたこともあり、イベント開催の運びとなった。バルサカラーに彩られた会場に、37人の日本人サポーターが集まり、ペニャの役割についてなどを学び、また、バルサについて語らう夕べとなった。また、この日、集まった37人のうち、8人が新たなペニャの会員となり、バルセロナ支部会員数は、16人になった。

 PBJの中野洋樹会長は、今回のイベント開催について、「私自身もそうだったように、本場バルセロナにいながら、仲間と大好きなバルサについて語る場がない、地元のペーニャの皆さんが楽しんでいるように、日本人の仲間で同じような会があってもいいじゃないか」との思いから、今回のイベントを思いつき、「そんな邦人クレ達が、集い、語らい、バルサを、楽しめるよう、本場現地にしっかりとペーニャの基盤を作っておきたいと考えた」と、今回のイベント趣旨について、語った。

昨年、設立から10周年を迎えたPBJは、バルセロナ支部も立ち上げ、今回のイベントでは、バルセロナ支部事務局長の小坂井めぐみ氏が、山田副会長のサポートに回り、尽力した他、日本とバルセロナを繋ぐ日本バルセロナ協会代表の山下氏も、全面的に主旨に賛同の末、協力してくれたのだと同会長は語り、「今後も、日本とバルセロナを繋ぐ橋渡し役として、日本バルセロナ協会と連携しながら、活動を進めていきます」とその意気込みを語っている。

 バルセロナの地元のスポーツ新聞、スポルト紙にも掲載されたPJBのバルセロナイベントは、今後も定期的に行なわれる予定で、Facebook公式サイトにて、告知される。

[[BOTOVERMELL::日本の公式ペニャについて、++興味のある方は、こちらから::http://www.penya-barcelona-japan.com::HOR::::NO-TRACKING::::::]]

・参加者全員で、記念撮影

上に戻る