fcb.portal.reset.password

2007年2月撮影 グスタウ・ビオスカ/ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

FCバルセロナの歴史における偉大な選手の一人、グスタウ・ビオスカ・イ・パジェス が今朝、86歳で亡くなった。カンプノウは、敬意を表し、セルタ・デ・ビゴとの試合前に1分間の黙祷を捧げる。

1950/51年から1957/58年の間、活躍したグスタウ・ビオスカは、FCバルセロナの歴史において最も活躍した選手の一人であり、ラディスラオ・クバラやセサル・ロドリゲスと共に、シンコ・コパス(五冠の意)を達成し、一つの時代を築いた。また、Biosca nació el 29 de febrero de 1928年2月29日に生まれ、サッカー選手としてのキャリアをバルサユースでスタートし、トップチームまであがった。

また、その後、監督としても寿侍史し、ラディオラオ・クバラと共に代表も率いて、U-21の責任者となった。更に1993年から200年にかけては、ジョセップ・ルイス・ヌニェス会長の下で、FCバルセロナのフロントとしてつとめ、選手とクラブとの架け橋と成った。

上に戻る