fcb.portal.reset.password

Marcelinho Huertas / PHOTO: ÀLEX CAPARRÓS - FCB

バルサ・リーガルは、ビトリアにて、バスケットにおける23回目の国王杯を持ち上げた。今季、素晴らしいリーグ戦を過ごしてきた後、レアルマドリードこと、カハ・ラボラルを制し、このタイトルでクラブ史上23回目の国王杯を制覇した。この記録は、レアルマドリードと並ぶ大会最高記録になる。

10年間に5回優勝

2003年以降、バルサは国王杯を多く手にしている。この10年間の間に5回に渡り、このタイトルを獲得しており、その決勝では、バスコニアに一回、レアルマドリードに3回、バレンシア・バスケットに一回、勝利を得てのタイトル獲得だった。

史上最高の23タイトル

ビトリアでのタイトル獲得記録は、レアルマドリードと並ぶ大会最高記録になる。昨シーズン、大差をつけて決勝を制された後(74-91)、バルサ・リーガルは同じようにその時の思いをリベンジしたといえる。チャビ・パスカルの惹きするチームはこの歴史的試合で疲労困憊しながらも勝利を手にした(108-111)。準決勝は、バルサはホームのカハ・ラボラルを相手に倒さなければならなかった  (69-80)。また、この試合では、20ポイントを決めたナバロが特に輝いた。

バルサカラーに染まる国王杯

FC バルセロナの国王杯でのデビューは、1942年であり、その時は、ライエタの前に決勝で倒れたが、その翌年は、同じライバルを倒し、最初の国王杯を手にすることになった (27-25)。 その時以来、バルサのバスケットボールセクションは、異なった形をとってきたこの国王杯で、23回、優勝カップを持ち上げている。.

二年連続でタイトルを獲得したことも、二度に渡りあった。1986/87 、 87/88年と 2009/10 、 10/11だった。昨シーズンはレアル・マドリードを前に負けたものの、バルサは優勝候補と言われていたチームを倒し、堂々と国王杯の優勝カップを取り戻した。

獲得タイトル数

23 : バルサ・リーガル 対 レアルマドリード
8 : ユベントゥト
6 : バスコニア
3 : エストゥディアンテス 
2 : ラヨ、ライエタ、ピカデロ、サラゴサ
1 : パトリエ、ホスピタレット、エスパニョール、マンレサ、バレンシア、マラガ

上に戻る