Picture of an old musical score of the 1974 version

1974年カント・デル・バルサ

1974年11月27日の試合前に行われた、クラブ創設75周年記念セレモニーの締めくくりとして初めて歌われました。 オリオル・マルトレルが指揮する3,600人もの大合唱団が、ピッチ上でこの新しいクラブソングを公式に初披露しました。 ジョセップ・マリア・エスピナスとジャウメ・ピカスが作詞し、マヌエル・バルスが作曲した この歌は、瞬く間に人気を集めます。 手拍子が合う覚えやすいリズムをはじめ、バルササポーターの価値観、特に他の地方出身者に寛容なカタルーニャ社会の、そしてクラブ会員全体に反映されているスピリットを絶妙に表現した詩がファンの心を掴みました。

1910年のクラブソング

しかし、クラブソングはこれだけではありません。 1923年2月25日に披露された最初の曲は、ラファエル・フォルキ・カプデビラが作詞、エンリク・モレラが作曲したものでした。 カタルーニャのフットボール界がジョアン・ガンペールを称える式典の中で、オルフェオ・グラシエンク合唱団が初めて、古いレス・コルツ・スタジアムで歌っています。 当時の鷹揚な機運を反映して、「スポーツとカタルーニャ国家」の関係を表現する歌詞でした。

1923年のクラブソング

その後、創設50周年を記念して、ジョアン・ドトラスの曲に合わせて、エステベ・カルサーダが新しいアンセムの作詞を行いました。 「バルセロナ、センプレアムント!」(永久に万歳、バルセロナ!)と名づけられたこの曲は、当時の政治情勢にも関わらず、カタルーニャ語の詩でした。

1949年のクラブソング

1957年にジョセップ・バディアが、カンプノウの完成を祝って3曲目の公式クラブソング「イムナ・ラ・スタディ」(スタジアム賛歌)の詩をやはりカタルーニャ語で書きました。 歌詞に「バルサ」という言葉が登場したのも、アドルフ・カバニェの作曲によるこのクラブソングが初めてです。

1957年のクラブソング

「エル・カント・デル・バルサ」があまりに素晴らしいため、1974年の公式曲「イムナラスタディ」も含めて、前のクラブソングはすべてあっという間に忘れ去られてしまいました。 初登場から30余年を経過し、完全にクラブ応援歌として定着。今後は新しいクラブソングが作られることもなく、歌い継がれていくことでしょう。 クラブ創設100周年を記念し、ラモン・ソルソーナ作詞、アントニ・ロス・マルバ作曲の「カント・デル・センテナリ」(百周年の歌の意)というクラブソングが作られて、1998年9月22日に初披露されましたが、この曲はこうした式典関連でのみ使用することが最初から明確にされていました。

1974年のクラブソング(現在のクラブソング)

100周年クラブソング