プリンス「僕は、できる全ての手助けをするためにここにいる」

プリンス「僕は、できる全ての手助けをするためにここにいる」

バルサの新獲得選手は、「偉大なクラブでプレーできるチャンスを手にしてとても幸せだ」とコメント

ケヴィン=プリンス・ボアテング は、バルサの選手として最初の記者会見ー入団発表を行い、その場で、クラブとの約束を誓った。バルサの新獲得選手ー今シーズンの終わりまでレンタル移籍ーは、「僕は、できる全ての手助けをするためにここにやってきた」と話し、「フィジカル的にはとても調子がいいし、僕の経験をここで活かせるようにがんばりたい」と話した。

_12I7798-Optimized
_12I7798-Optimized

ガーナ人選手は、「この偉大なクラブでプレーするチャンスを与えられたことに感謝したい。ノーということはできなかった。走ってやってきたかった」と明言し、「僕はこの偉大なクラブに来られてとても幸せだ。この二日間は、僕の人生の中でも、最高に幸せだ。大きな名誉だ。楽しみたいし、全てで勝ちたい」と意欲をみせた。また、ボアテングは、「素晴らしい選手がいるから、スタメンになるのは難しいとわかっている。だが、最高の選手の隣でプレーすることは、贈り物だ。レオ・メッシ?10年間、彼は世界一であることを証明し続けている。彼とプレーするのは、名誉だ」と話した。

バルサの新たな ‘19’番は、スペインリーグについても述べた。「最高のサッカーをプレーし、最高峰の選手がいる世界中で最も重要なリーガだ。だが、もうすでに僕はここでの経験があるから、まるでホームのように感じている」と話し、「すぐにでもプレーしたいが、それは監督が決めるだろう。目的は、ここに僕がもっといられることを証明することだ」と付け加えた。 

バルサの新アタッカーは、火曜日にメディカルチェックを受けて、その後、契約書にサインを行なった。カンプノウのピッチを初めて、バルサのユニフォームを身につけて踏みしめた。ケヴィン=プリンスは、月曜日にすでにバルサの選手として、最初の時間を過ごしており、そこで「僕は現実主義だが、夢が現実になることも知っている。そのために頑張る。毎日、僕の息子たちが僕をアイドルとして、手本として見てくれるように頑張る」とその決意を語っている。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる