SMSの勝利(3-0)

SMSの勝利(3-0)

スアレスのダブルゴールとメッシのゴール –リーガの歴史的400ゴール目 – が、2019年のホームで初ゲームを行なったバルサに勝ち点3をもたらした。

2019年最初のホームゲーム、リーガ19節に当たるバルサーエイバル戦をバルサは、SMS(スアレス、メッシ、スアレス)のゴールで、3-0で試合を制し、首位の強さを見せつけた。ルイス・スアレスは、ダブルゴールを決め、メッシはリーガにおける400ゴール目をマークした。

スアレスの先制点

年明けにホームで行われたエイバルとの初戦に、バルベルデ監督はフルメンバーで臨んだ。メッシとスアレスと共に、攻撃には、コウチーニョがスタメンで入った。そのコウチーニョが、今年のホームでの初得点に絡んだ。前半19分、コウチーニョとルイス・スアレスのワンツーから、先制点が生まれた。

また、このゴールで、ルイス・スアレスは、6試合連続で、エイバルに得点を決める新たな記録を作り出すことになった。

バルサは、僅差リードで前半を折り返した。

メッシの400ゴール目 

後半は、これ以上はないというスタートを切ることになった。後半8分に、メッシがリーガ400ゴール目をリエスゴのゴールに叩き込んだのだ。ルイス・スアレスが取り返したゴールをメッシがシュート。クロスシュートが、リーガ史上かつてない数字—400ゴール目—を生み出した。

その1分後、メッシの400ゴールをお膳立てしたルイス・スアレスが、セルジ・ロベルトのアシストパスを受けて、この日、2点目をマーク。バルサは、スコアを一気に3-0へと広げた。

スアレスは、このゴールで、バルサ史上最多ゴールトップランキングのベスト5入りまで、後、1ゴールと迫ることになった。

後半、バルベルデはアルトゥーロ・ビダル、デンベレ、セメドを投入した。バルサのダイナミズムは変わらず、試合は、3-0で終了し、バルサは、8日間という短期間に行われるホームでの3試合の初戦を堂々と制した。冬のチャンピオンは、リーガの後半も勝利で、2019年を首位発進することになった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる