ルイス・スアレス「クラシコに出場するのは特別な感情が伴う」

ルイス・スアレス「クラシコに出場するのは特別な感情が伴う」

クラブメディアとのインタビューでウルグアイ人クラックはこれまでのクラシコでの働きぶりを振り返り「僕にとって最高の思い出は最初の年、ここでのマドリード戦での2–1勝利」だとした

日曜(現地時間16時15分、日本時間29日0時15分)、カンプ・ノウで多くの人にとって世界最高の試合が行われる。FCバルセロナとレアル・マドリードが、リーガ10節で対戦、多くの世界最高の選手たちが集まるスペクタクルが展開される。その1人、ルイス・スアレスは去るバルサ−セビージャ戦を前に、永遠のライバルについて話している。ここでウルグアイ人アタッカーの発言を振り返る。

クラシコの激しさ

クラシコはクラシコ。昨シーズン、僕らはもうチャンピオンになっていたけど激しく戦った。いつだってそういうもので、多くの意欲を掻き立てられる。それまでの精神状態は関係ない。これはクラシコで最大限の力で向かっていくもの」 

「ウルグアイ代表での試合を連想させる。クラシコに出場するというのは特別な躍動を伴うもので、ファンの雰囲気が選手たちに、さらなるアドレナリンを注入し、選手たちは何がなんでも勝とうとする。だけど戦いはあくまでピッチでのことで、とても素敵な瞬間」

レアル・マドリード

「相手には新監督がいて、そういう状況は、いつだって選手にとって、試合に出たいという意欲を示すプラスアルファのモチベーションになる。彼らは、他とは違う高いレベルのある選手たちを抱えているから、しっかりと注意をしなければならないが、どのチームにも弱点があるもので、それを突いて行かなければならない」

「クリスティアーノが、どれだけのレベルの選手なのかは、誰もが知っているが、チームというのはどの選手よりも大事で、その他にも高いレベルの選手たちがいる。僕らとしては、相手にどの選手がいるのかということを考えずに、自分たちの試合をしなければならない」

マドリード戦での最高の思い出

「クラシコでの最高の思い出は、僕にとって1年目に、カンプ・ノウで2−1勝利した試合。残り試合が少ない中、勝ったことで、リーガ優勝がほぼ決まった。とても重要なポイントになり、その上、僕はクラシコで初めて点を取った。ベルナベウでの0−4勝利も良い思い出。いつだってアウェーで勝つというのは素敵なことで、ああいった形で、おまけに2点を決められた」

「個人的には、こういった試合で得点するというのは夢。僕にとって、こういう舞台は得意だけど、大事なのはチーム。クラシコでのデビュー?ポジティブな部分はこういった試合でデビューすることだけど、ネガティブなのは負けたってこと。だけど、しばらく試合から遠ざかっていたにもかかわらず、ルイス・エンリケが僕を信頼してあの試合でデビューさせてくれたというのは、素敵な経験だった。素敵で忘れられない瞬間だった」

ファンとして見たクラシコ

「最も覚えているクラシコは、カンプ・ノウでの5−0。ファン、観客として見た。マドリード戦でのロナウジーニョのスーパーゴールもね。とても素敵な思い出。ファンだったころ、とても楽しかったけど、今は選手としてやっている。状況は違う」

ウェンブリーでの勝利

「僕らの調子は悪く、それまでの流れを断ち切らなければならなかった。たくさんの努力、たくさんのチーム練習、たくさんのサッカーをしなければならなかった。でも、それは根本的なもので、今後1年を通してリーガ、チャンピオンズリーグ、国王杯で示して行かなければならない、素敵なイメージを披露することができた」

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる