4人の選手が新たにバレンシア戦招集へ

4人の選手が新たにバレンシア戦招集へ

ルイス・エンリケは、試合前日にラフィーニャとアルダ・トゥランを負傷で失い、バルサBからメスタージャ行きに選手を招集した。

バルサは、バレンシアとの対戦に向けてほぼ準備を終えた。メスタージャに行く前日に、最終調整を行ない、ルイス・エンリケは練習前に記者会見を行ない、召集リストを発表した。試合前日に、アルダ・トゥランとラフィーニャの負傷が発表された。アルダは、左膝の打ち身、ラフィーニャは、左肋骨挫傷であり、二人ともメスタージャの遠征には、帯同せず、その回復次第で復帰までの時期が決まることになる。この二人に、既に負傷が発表されているジェラルド・ピケとジョルディ・アルバ、ヤスパー・シレッセンが、バレンシア戦の召集リストから負傷欠場で外れることになる。

ルイス・エンリケは、よってトップチームから17人をバレンシア戦に向けて招集し、更にバルサBから、カルラス・アレニャを参加メンバーに加えた。前回の招集には入らなかったセルジ・ロベルト、デニス・スアレス、アレイシ・ビダルがリストに入った。よって、召集リストのメンバーは、テア・シュテーゲン、マシップ、ラキティッチ、セルヒオ、デニス・スアレス、イニエスタ、スアレス、メッシ、ネイマールJr、ラフィーニャ、マスチェラーノ、パコ・アルカセル、ディニュ、セルジ・ロベルト、アンドレ・ゴメス、アレイシ・ビダル、ユムティティ、マテュー、アレニャ−背番号28をつける−となる。

また、バレンシア遠征前の練習には、フベニルからイニャキ・ペニャも加わった。水曜日にチャンピオンズリーグでシティとの対戦を終えた後、バレンシア戦への準備に二日しか与えられない状況で、バルサはメスタージャに向かうことになる。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる