アノエタに向けて練習

アノエタに向けて練習

バルサは週末のレアルソシエダに向けて練習を行なった。アルダ・トゥランが風邪のため、アレイシ・ビダルとジョルディ・マシップは、それぞれ、個人的な理由でクラブから許可を貰い、練習を欠席した。

FC バルセロナ のトップチームは、再び、ティト・ビラノバグラウンドにて、練習に戻り、今週末のリーガ13節、レアルソシエダ戦に向けての調整を行なった。ルイス・エンリケが率いるバルサは、今週末、明日、アノエタでレアルソシエダと対戦するが、バルサは 2010/11年から、6年間、勝利を揚げられずにいる。2011/12年にドロー(2-2)を得て以来、それ以上の勝ち点を揚げられていず、エウセビオ・サクリスタンの率いるチームを前に、今回こそ、その記録を破るべく、挑戦する。

土曜日の練習は、金曜日同様に、最初のグループ練習にアンドレス・イニエスタが加わった。また、サミュエル・ユムティティも負傷から回復し、グラウンドでグループ練習に加わることができた。

その一方で、アルダ・トゥランが風邪のため、アレイシ・ビダルとジョルディ・マシップは、それぞれ、個人的な理由でクラブから許可を貰い、練習を欠席したため、ルイス・エンリケは、トップチームの選手全員を含めての練習は、行なえなかったものの、バルサBから、アレニャ、マルロン、モイセスが、フベニルAから、オリオル・ブスケッツとオリオル・レイが加わって、練習は行なわれた。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる