ルイス・スアレス「完璧な幸福感がある」

ルイス・スアレス「完璧な幸福感がある」

ウルグアイ人フォワードはFCバルセロナと契約延長したことで大きな喜びがあるとした。同時に日曜日のエスパニョールとのダービーについても語った。

FCバルセロナが2021年までルイス・スアレスと契約延長することを公式に発表した。ウルグアイ人クラックは「自分が居たいところにいられるという完璧な幸福感がある。とても幸せ」と話した。さらに常に契約延長したい気持ちがあったと明かした。「クラブ、僕とみんなが望んでいた決定。僕らはとても良い関係にある」。スアレスはまた以下のように話している。「選手なら誰でも居心地が良いクラブで選手キャリアを終えたいと思うもの。先のことは分からないが、野心と意欲は僕に欠けることはない」。

FCバルセロナは日曜、リーガ16節でエスパニョールとのダービー戦を控えている。フォワードの選手は以下のように話している。「すべてのダービーはプレーするのが素敵なもので、勝つのが難しい。増してエスパニョールは良い状態にある」。さらに「僕らはホームでの強さを取り戻さないといけない」と付け加えた。

さらにクレ選手は、レオ・メッシがバロンドール選考で2位だったことなど、チームに関係する話題についても言及した。「それぞれ考え方があるけど、僕にとってレオはそのサッカーに与える影響から最高の存在に相応しい」。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる