バルサの元監督、ルイス・フアン・ハール休養を表明

バルサの元監督、ルイス・フアン・ハール休養を表明

FCバルセロナの元トップチーム監督、フアンハールは、国王杯1回、リーグ優勝2回、欧州スーパー杯1回を制覇し、また、カルラス・プジョル、シャビ・エルナンデス、ビクトル・バルデス、アンドレス・イニエスタなどをトップチームに引き上げ、デビューさせるメリットを得た。

ルイス・フアン・ハールがベンチを去る。フアン・ハールの発言は、引退と受け取られたが、スペインのラジオ局、カデナ・セールの番組に出演したフアン・ハールは、「引退ではない。ただ、1年間、休養を取ることを決めただけだ。その後、どうするかは、受けるオファー次第で決める」と答えた。現状では、まだ、完全にベンチを去る決意をしたわけではなく、そのキャリアを今後も続けていく可能性を示唆した。フアン・ハールの輝かしいキャリアの一つが、バルサの監督として、97年から00年、二回に渡り、バルサのトップチームを率いたことであり、オランダ人監督は、とりわけ、97年から00年のシーズンには、チームを成長させるのに貢献し、リーグ優勝2回、国王杯1回、欧州スーパー杯1回を制覇した。

また、このタイトル制覇のみならず、下部組織にいたカルラス・プジョル、シャビ・エルナンデス、ビクトル・バルデス、アンドレス・イニエスタなどの選手をトップチームに引き上げ、デビューさせた監督となった。.

バルサでの成功

ルイス・フアン・ハールは、ボビー・ロブソンの後任として 1997/98年にバルサのトップチームに就任した。この年に3冠—ボルシア・ドルトムンドと決勝に打ち勝っての欧州スーパー杯、リーグ優勝、国王杯優勝—を手にし、バルサに39年ぶりの国王杯、リーグの2冠をもたらした。また、1998/99年のリーグ優勝もあわせて手にした。

だが、タイトル以上に、カルラス・プジョル、シャビ・エルナンデスをトップチームに引き上げ、デビューさせた貢献が大きかったといえるだろう。

その翌年、1999/2000年を無冠で終えた後、バルサを去ったが、 2002年に再び、バルサに戻った。この年は、前回ほど成功を収めることはなかったが、. それでも、ビクトル・バルデスとアンドレス・イニエスタをデビューさせ、バルサの歴史に足跡を刻んだのだった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる