ルイス・スアレス、単独最多得点王

ルイス・スアレス、単独最多得点王

ウルグアイ人アタッカーは、試合終了間際にゴールを決めて、バルサに同点をもたらし、また、16ゴール目を決めてリーグの単独最多得点王になった。

FCバルセロナは、ベティスを前にベニト・ビジャマリン勝ち点1を手にした(1-1)が、 iそれは、最後までゴールを追い続けて、試合終了間際にゴールを決めたルイス・スアレスのおかげだった。このゴールで、スアレスは、リーグ戦での16得点目をマークし、リーガにおける唯一の最多得点王となった。

  • 最多得点王スアレス. バルサの ‘9’ 番は、リーグ戦で今季、16ゴール目を決めた。これに続くのは、15得点をマークしているメッシ、それに12でロナウドが続く形だ。
  • 幸運をもたらすスアレス. ウルグアイ人アタッカーは、試合データの主役となった。スアレスがゴールを決めた試合で、FCバルセロナは負けない。スアレスは、バルサで125試合に出場し、その67試合でゴールを決めているが、その際のバルサでの数字は、実に63勝4分けだ。
  • ベティスは、この日曜日、スアレスにゴールを決められたが、これでスアレスはベティスに7得点を決めた計算となる。ベティススポルティングと共にスアレスが最も多くゴールを決めているチームだ。 
  • メッシのアシスト バルサのベニト・ビジャマリンでのゴールは、メッシの完璧なアシストの末に89分に訪れた。メッシはリーグで4度目のアシストを決めた。
  • アルダ・トゥラン は、バルサとの50試合目を数えた。トルコ人選手は、彼がバルサとプレーした試合の内訳は、37勝7分6敗であり、ゴール数は15ゴール、そのうち 13ゴールが今季になってから、決めたものだ。
  • マテュー は、この試合で最も正確なパサーだった。フランス人センターバックは、全部で55回のパスを成功させた。そのうち、7回はベティスのプレスの強さを物語るロングパスだった。
  • テア・シュテーゲンは、6回ものセービングを行った。ベティスが攻撃する度に、ドイツ人GKは、そのプレーで攻撃を阻み、何度となく絶好のチャンスを止めた。
Força Barça
Força Barça
記事を閉じる