ルイス・エンリケ「チームは勝つにふさわしかった」

ルイス・エンリケ「チームは勝つにふさわしかった」

バルサの監督は、チームが行なった素晴らしい試合内容と多大な努力を褒め、最後の正確性に欠けたことを惜しんだ。

FC バルセロナ は、ビジャレアルを前に勝利をあげることはできなかった(1-1)が、メッシが試合の終了間際に決めたゴールが勝ち点1をもたらした。試合後、ルイス・エンリケが話した内容は、下記の通り。

ルイス・エンリケ

  • "チームはもっと、値する結果であるべきだった。私達は、勝つにふさわしかった。そのプレー内容、ゴールチャンス、ゴールマウスに近付いた数、チャンスの数など、どれをとってもだ。
  • 最後に勝ち点1を救うことができたが、サッカーは時に公正さを欠くものだ。もっと向上できることがあるし、このポジティブではない流れを変えなければならない。
  • ビジャレアルは、プレーを仕掛けてくるチームだし、それができるクオリティの選手がいる。ボールのあるなしにかかわらず、どうすべきかよくわかってプレーしている。
  • ビジャレアルとの対戦が難しいのはわかっていたが、それでも、私達は勝利に値した。選手は素晴らしい試合を行なったし、彼らに攻めるべき点は全くない。
  • ビルバオの時と同じ感触だが、それよりは良かった。私達は、リーグで最も失点の少ないチームを前に、多くのチャンスを生み出したが、最後の数メートルの正確さに欠けた。
  • まだ、リーグは多く残っているし、勝てる可能性を残している。向上し続け、この流れを変えるための努力をしなければならない。サッカーで一番難しいことは、ゴールを決めることだ。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる