ユムティティ、デンベレ、スアレスがベスト8進出

ユムティティ、デンベレ、スアレスがベスト8進出

フランス代表は、メッシのアルゼンチンを 4-3 で破り、ウルグアイはポルトガルを 2-1で下した。

フランスがロシアワールドカップでベスト8進出を決めた最初の代表になった。デシャンの率いるフランス代表は、後半に3得点を決め、アルゼンチンを破った (4-3)。前半、グリスマンがフランスを有利にし、その後、同点に追いつかれたものの、エムバペのダブルゴールでフランスを勝利に導いた。アグエロがアディショナルタイムに得点を入れたものの、逆転には及ばず、アルゼンチンは、フランスを前に敗退することになった。

バルサのプレーヤーであるユムティティは、アルゼンチンのメッシ同様、90分のフル出場を果たした。バルサの10番は、アルゼンチンのメルカド、クン・アグエロの2得点目、3得点目にアシストを送った。もう一人のバルサプレーヤー、ウスマン・デンベレは、ピッチに立たなかった。 

スアレスと共にウルグアイ、ベスト8へ

土曜日に行われたもう一試合では、ウルグアイがカバーニのダブルゴールで、ポルトガルを破った (2-1)。先制点のアシストは、ルイス・スアレスが出したものであり、バルサの '9' 番は、90分フル出場を果たし、タバレスの率いる代表に勝利をもたらすたち役者となった。よって、フランスとウルグアイは、7月6日(16時 日本時間23時)にベスト8で対戦することになる。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる