アトレティコ戦へ向け最終調整

アトレティコ戦へ向け最終調整

ルイス・エンリケはアルダ、マスチェラーノ、アレイシ・ビダルを怪我で戦力として計算できず、マシップを戦術的判断でメンバーから外した

バルサは日曜にビセンテ・カルデロンで行われるアトレティコ戦に向けて集中している。ロス・アスルグラナスはこの試合の重要性を十分に分かっており、勝ち点3を手にすれば暫定的に首位に立つことが可能な情勢となっている。チームは土曜午後、マドリードへの移動前に練習を行った。ルイス・エンリケは招集メンバーを発表、アルダ・トゥラン、マスチェラーノ、アレイシ・ビダルを怪我で欠き、マシップが戦術的判断でメンバーに入れなかった。

召集18選手は以下の通り。テア・シュテーゲン、シレッセン、ピケ、ラキティッチ、セルヒオ、デニス・スアレス、A. イニエスタ、スアレス、メッシ、ネイマールJr、ラフィーニャ、アルカセル、ジョルディ・アルバ、ディニュ、セルジ・ロベルト、アンドレ・ゴメス、ユムティティ、マテュー。

マドリード遠征の前にルイス・エンリケはアトレティコ・マドリード戦を前にした最後の調整を指揮した。クラブ総合練習場でのトレーニングではトップチームの参加可能な選手のほか、バルサBのパイクもともに汗を流した。監督は記者会見で「この試合は両チームにとって特別で重要なものになる」と話した。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる