セルタ戦に向け準備万端

セルタ戦に向け準備万端

バルサはガリシア州のチームとの試合を前にした最後の練習を行った。アンドレ・ゴメスが吐き気を含む体調不良で欠席、逆に下部組織チームのマルロン、カルボネル、カプトゥム、パイクが参加した

バルサが金曜、カンプ・ノウでのセルタ戦を前にした最後の練習を行った。大勝したスポルティング戦(6−1)から2日、ロス・アスルグラナスは週末のガリシア州チームとのリーガ26節の対戦に備えている。参加可能な選手がクラブ総合練習ジョアン・ガンペルで最終調整を行った。

この日練習に参加できなかったのが吐き気を含む体調不良を訴えたアンドレ・ゴメス。ポルトガル人選手は医師の診断のあと帰宅。また練習にはバルサBのカルボネル、マルロン、カプトゥム、パイクが加わった。

ロス・ブラウグラナスはPSGとのチャンピオンズリーグの試合を前にした最後のリーグ戦試合を戦う。リーガ首位に立ったルイス・エンリケのチームは、まずは国内リーグの好調を維持することに専念している。バルサは現在リーガ5連勝を飾っている。

練習後、ルイス・エンリケ監督はセルタ戦を前にした記者会見を行った。

UEFAのドーピング検査

練習開始を前に、UEFAの関係者がトーピング検査のため恒例となっている血液、尿の分析を行った。対象となったのはピケ、ラキティッチ、セルヒオ、イニエスタ、スアレス、メッシ、ネイマールJr、マスチェラーノ、ジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルトだった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる