国内で負けることなく一周

国内で負けることなく一周

バライドスでセルタを前に10月2日に黒星を喫してから (4-3)、FCバルセロナはリーグ戦で14勝 5分けと負け知らずだ。

リーグ戦7節目にバライドスで4-3とセルタを前に惜敗してから、ルイス・エンリケの率いるチームは、国内リーグで一周し、その間、無敗記録を続けている。国内リーグにおいて、カンプノウでそのセルタを前に5-0でゴールリサイタルを見せつけたFCバルセロナの現26節まで、その試合以降、14勝5分けと無敗記録を記録している。 勝ち点では、57点中47点を獲得しており、生み出したゴールは54、失点はたったの11点であり、また、その19試合でマークされたゴールのうち、メッシが決めたものが 19スアレス15と二人が主軸となり、この無敗記録を作り上げるゴールメーカーとして活躍している。

この数字が現在、バルサがリーグ優勝は、自らの手にかかっている状況-現在、勝ち点はレアルマドリードより1点多い60点だが、レアルは一試合少ない-を生み出し、4位から首位へと追い上げる形となった。バルサを前に勝ち点を挙げられたチームは、マラガ(0-0)、レアルソシエダ(1-1)、レアルマドリード(1-1)、ビジャレアル(1-1)、ベティス(1-1)のみだ。

それ以外にもバルサ-セルタ戦が生み出したハイライトデータは、下記からチェック!:

- レオ・メッシは、今季リーグ戦で6試合連続ゴールを決めた最初の選手となった。8ゴールを決めているメッシは、アスレティッククラブに1ゴール、アラベスに1ゴール、レガネスで2ゴール、アトレティコ・で・マドリードに1ゴール、スポルティングに1ゴール、セルタに2ゴールを連続で決めている。

- メッシはまた、バルサがセルタを前に決めた5ゴールのうち、4得点に絡む活躍も見せている。本人が決めたゴール(1-0 、5-0)以外にアシストも決めた(2-0、4-0)

- ネイマールJrは、セルタ戦で再び、制裁を放った。ネイマールにとって比較的相性の良い相手だ。カンプノウで決めたそのゴールは、素晴らしいループシュートだった。また、ネイマールは7試合で6ゴールをマークしており、ラヨとビジャレアル(やはり6得点を決めている)同様に、セルタはネイマールにとってお気に入りの犠牲者となった。
- バルサの ‘11’番は、また、18回、ドリブルを仕掛け、そのうち、11回を成功させた。この数字は、今季のリーグ戦におけるネイマールの最高の数字となった。

-イバン・ラキティッチセルヒオ・ブスケッツもこの試合で最も活躍した選手となった。バルサのプレーを中盤からる繰り出し、ラキティッチは、完成度の高い試合を行い、スポルティング戦に次いで、2ゴール目を決めた。セルヒオは、最も多くボールを取り返した選手となった(12)。

- この日、バルサのユニフォームを着て初ゴールを決めたユムティティにとっても、特別な試合となった。夏に移籍してきてから、フランス人センターバックは、30試合に出場した。その内訳は、リーグ戦で16、国王杯で8、チャンピオンズリーグ5、スペインスーパー杯1試合だ。アトレティコとの国王杯準決勝(1-2)以来、リーグ戦6、国王杯2、チャンピオンズリーグ1試合と9試合連続でスタメン出場している。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる