ルイス・エンリケ「セビージャは危険な相手」

ルイス・エンリケ「セビージャは危険な相手」

「リーガ前半戦の対戦は明日の試合の目安になる。セビージャはボール保持を求め、レベルの高いサッカーをするだろう」とバルサの監督は話した

リーガ30節の試合を前にルイス・エンリケが記者会見を行った。対戦相手のセビージャについて監督は「これまでしてきたこと、あらゆる局面で可能なことを考えると危険なチーム。セビージャがしているシーズンは素晴らしい成功と言える」と讃えた。

以下、ルイス・エンリケの会見での主な発言を振り返る:

「我々はリーガ優勝へ向けて勝ち点獲得を必要としている」

「リーガ前半戦での勝利(アウェーで1−2)は明日の試合の目安になる。相手はボール保持を望み、前線に選手を割いてレベルの高いサッカーをする。間違いなく我々を苦しめるだろう」

「イニエスタは今シーズンここまで不運にも2度の怪我を負った。改めて最高レベルに戻って来たが、シーズン終盤で彼を戦力にできるのは1つの保険になる」

「ピッチでのスアレスの競争意識は素晴らしいもの」

「ラキティッチは並外れた選手で、攻撃、守備の両面で多くのものをもたらすリーダー」

「試合日程はそう組まれたものでそれに従って試合をするだけ。できるだけ多くのファンからの応援が得られることを願っている。それが我々にとってのカギになるから」

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる