シャビ・エルナンデス「クラシコが鍵になるだろう」

シャビ・エルナンデス「クラシコが鍵になるだろう」

FCバルセロナの元選手は、インタビューの中で、「クラシコは、リーグ戦がどう進んでいくかの鍵になる。とりわけ、バルサにとっては決定的な試合となる」と分析

シャビ・エルナンデスは、どこにいても、FCバルセロナの現況を追っている。バルサの元選手であり、トップチームと共に25ものタイトルを制覇したシャビは、今回、現在、アル・サッドの選手としてプレーしている場所、カタールでのインタビューに答えた。その中で、シャビは、「クラシコは、鍵になる試合だ。この試合で、リーグ戦の4分3が決まる。リーグ戦がどう進んでいくかが決まる試合であり、特に勝てば、バルサにとっては決定的な試合となる」 と分析した。

元バルサのキャプテンは、また、レオ・メッシについて「彼が最初にトップチームで練習に参加した時から、その違いは歴然としていた」と振り返り、「個人的にアルゼンチン人の若いけど、すごい選手がいるとは聞いていたんだ。それも個性があって、ドリブルができて、器用で、うまいシュートが打てて・・・プレーのあらゆる麺をコントロールできる」と当時の印象を語った。また「僕らが話しているのは、世界一のそれもサッカー史上最高峰の選手だ。素晴らしい選手としてスタートしたが、その後の発達は素晴らしく、今はそれを更に超えている」と付け加えた。

最後にシャビは、自身の将来について、「自分がコーチとして率いたり、チームメーとを正したり、試合の分析をしたりするのが好きなのは、見えている・・・。僕はサッカーに関しては病気なのを自覚しているし、サッカーは僕の情熱なんだ」と話した。また、「後1年、アル・サッドで続けるよ。でも、38歳は選手として僕のキャリアが終わる年齢だと思う」との見通しを語った。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる