ルイス・エンリケ:ダービー戦でプレーすることの難しさはわかっている

ルイス・エンリケ:ダービー戦でプレーすることの難しさはわかっている

“アウェー戦は全て難しいが、それがエスパニョールが相手なら尚更だ。だが、私たちのクオリティをもってそれに打ち勝てるように努力する”とバルサの監督は明言

FC バルセロナは、今週末、リーガの中でも特別な試合に臨む。エスパニョールとのダービー戦だ。両者は35節にあたるリーガをRCDEスタジアムで行なうが、そこでの試合は常にハードなものになる。それをわかっているルイス・エンリケは前日記者会見で、「我々はダービー戦でプレーすることの難しさをわかっている。アウェー戦は全て難しいが、相手がエスパニョールとあれば尚更だ。だが、我々はこのクオリティを持って打ち勝てるように努力するし、注意深くプレーしなければならない」と話した。

バルサの監督は、「ダービー戦というだけで特別だが、順位表のポジションをキープする非有用がある以上、最大限の困難を極め、インテンシティの高い試合になる」と表現し、「この時期の大会は、全ての試合が鍵となる。我々は勝ち点3が必要だし、それにダービー戦という要素が加わる」と付け加えた。

ルイス・エンリケは、それぞれの選手について聞かれ、今回、再び、招集が可能となるネイマールJrに関しては、処分欠場で3試合プレーしていないものの、「準備が整っている」と答えた。また、ネイマールについてかっ彼はあらゆる種類の感情をコントロールする選手だ。明日は、そういった感情のコントロールが必須だ」と話した。また、今朝、右足の内転筋に違和感を感じて練習に参加しなかったイニエスタに関しては、「招集リストに入れるかどうかは、明日まで待ってみなければならない」と話すにとどめた。

最後にルイス・エンリケは、アレイシ・ビダルについて話し、「アレイシは、考えていたよりずっと良い状態だが、注意しなければならない。非常に複雑な負傷だったのだから」と注意を促した。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる