カンプノウでの準決勝進出に前向き

カンプノウでの準決勝進出に前向き

今期のカンプノウでの結果を見る限り、チャンピオンズリーグでの準決勝進出は可能だ

FC バルセロナは、ユベントスを前に水曜日、容易ではないミッションを課されている。それは、第一レグで3-0で負けた結果を取り返すというものだ。

とはいえ、バルサのホームでの数字は、楽観を呼び起こすものだ。欧州リーグでは、ホームで21ゴールを決めているのだ。

いい狩れば、これは、試合ごとに5.25ゴールを決めており、対戦相手に許しているのは0.25ゴールなのだ。もし、バルサがこの数字を維持するなら、再び、バルサにとって、思い出深い夜が生まれることになる。

チャンピオンズリーグで今期、サポーターを味方につけ、バルサは、セルティックを7-0で、マンチェスターシティを4-0で、ボルシア・メンヒェングラートも同じスコアで収めている。そして、もちろん、PSGをあの奇跡的なスコア、 6-1で収めて、逆転を決めている。

よって、バルサがいくら、不利な状況に置かれていても、欧州での結果は、信じる限り、勝ち抜ける可能性があると数字は示している。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる