ピケ「ルイス・エンリケは有終の美を飾るに相応しい」

ピケ「ルイス・エンリケは有終の美を飾るに相応しい」

アスルグラナスのセンターバックは「アラベスは今シーズン急成長を遂げたチームで、戦術・技術レベルで相手の希望を乗り越えなければならない」と話した

バルサは土曜ビセンテ・カルデロンで今シーズン最後の試合、国王杯決勝でのアラベス戦で同大会の3連覇を目指す。「アラベスは今シーズン急成長したチームで、タイトルを勝ち取り歴史に名を残す唯一のチャンスに向かう。僕らは同じだけの情熱を持ち、戦術・技術レベルで相手を上回るべき」「難しい試合になるだろうが、自分たちのペースで戦うために良いプレーをしたいと思っている」。ピケは試合前の会見でこう話した。また現指揮官にとって最後のチーム指揮になることについては「ルイス・エンリケには有終の美を飾るに相応しい。彼は偉大な監督であり続け、歴史上でも最高の監督の一人」「良い形で最後を飾るチャンスはあるし、そうなるだろうと期待している」と語っている。

「ルイス・エンリケはチーム掌握を果たした。彼が指揮した3年は素晴らしいものだった」

今回国王杯を制覇すれば最近3年で獲得可能な全14のうち9つ目のトロフィー獲得となる。ルイス・エンリケの遺産についてバルサの3番は「獲得したタイトルを見れば評価は簡単だが、彼のあり方を記憶しておきたい。彼はチーム全体の掌握を果たした。この3年は素晴らしいものになった」と振り返った。

アラベスに対してピケは以下のように考えている。「バルサは試合の主導権を手にすべき。相手は守りを固めてくるだろうし、カウンターに注意しなければならない」。センターバックの選手は出場停止となるチームメイト、スアレスとセルジ・ロベルトの欠場についても話している。「彼らが出場できないのは痛いけど、僕らは偉大なチームで彼らの穴を埋めるだけの選手たちがいる」。さらに同ポジションのチームメイト、ユムティティについても言及。「彼は素晴らしく高い技術の持ち主で、全体的な完成度が高い。初日からとても良い形でバルサに加入し、このクラブで勝利を掴むだけの条件をクリアしている」と評価した。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる