ビデオ:これがアレイシ・ビダルのリハビリだ

ビデオ:これがアレイシ・ビダルのリハビリだ

右足首を脱臼して、3ヶ月半離脱していたアレイシ・ビダルが国王杯決勝で最後の数分にプレーできるまでに完治したその時間を振り返る。

プイチペラット出身のアレイシ・ビダルは、右足首を脱臼する負傷を負ってから105日ぶりに復帰し、それもリーグ戦で最後にメンディソロッサスタジアムで対戦した相手ーアラベスーを前に、国王杯決勝で再び、ピッチに立った。負傷当時、医療スタッフは完治まで約5ヶ月と表していたが、バルサのサイドバックは当初の予想を驚異的に短縮したのだった。 

アレイシ・ビダル自身が試合の後、自らの急速なリハビリに驚いたことを話している。それは、日々のリハビリの賜物だった。負傷はアレイシ・ビダルにとって、もっとも充実した時期、つまりルイス・エンリケからの信頼を得て継続してプレーし始めたタイミングで起きたが、それでもあきらめなかった彼はその褒賞を手にすることになった。ラキティッチと83分に交代したアレイシ・ビダルは、ビセンテ・カルデロンで29回目の国王杯優勝を再び、ピッチで祝うことができたのだった。

このビデオには、リハビリのプロセスの一部が描かれている。バルサの「22」番がどのように回復するための努力を行なってきたのかは、ビデオでチェックしよう!

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる