カンプノウ、イニエスタと惜別

カンプノウ、イニエスタと惜別

リーガ最終戦、バルサ-レアルソシエダ戦後、バルサは二冠セレブレーション及びキャプテン・イニエスタとのお別れを盛大に祝った。

この日、カンプノウに訪れた84.168人の観客は、コウチーニョのスペクタクルなゴールで、今季最後の試合でバルサが勝利をあげるのを楽しみ、その後、日が落ちてからは、光と音楽にあふれる祝賀会そして、キャプテン、アンドレス・イニエスタとの惜別の会になった。 

その様子は、ビデオでお楽しみください。

イニエスタ「このクラブ旗を代表するのは、幸福で名誉なことだった」 

試合後のアンドレス・イニエスタコメント

「今日は難しい日だ。なぜなら、22年間いたここから、去るからだ。このクラブ章を代表することに僕にとって、幸福で、名誉なことだった。このクラブは、僕にとって世界一だ」

「チームメート全員、それぞれに御礼が言いたい。僕はここで子供の時にやって来たが、今、34歳になって、大人として去る。僕に残留を望んでくれたみんなにもありがとう。君たちを常に心に連れていくよ」

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる