アンス・ファティ、新記録再び

アンス・ファティ、新記録再び

レバンテに決めた2ゴールで、アンス6ファティは、リーガ史上においてダブルゴールを決めた最年少選手となった

アンス・ファティは、記録を破り続けている。レバンテに2ゴールを突き刺して、ファティは、リーガ史において、最年少でダブルゴールを決めた選手となった。17歳94日で、フアンミが2010年に手にした17才115日でマラガでプレーした記録を越えることになった。フアンミ自身は、2008年にバジャドリードで17才208日でゴールを決めた、元バルサの選手、ボジャン・クリキッチの記録を塗り替えている。

「全て起きていることが夢みたいだ。いつも、この瞬間を夢見ていたし、楽しむように努力している」と試合後に、アンス・ファティはクラブメディアに答え、「僕はチームメートとコーチがチャンスをくれたことを感謝したい。彼らが僕に、物事を簡単にしてくれるのだから」と話した。「僕は向上し続けて、チームを助け続けたい。彼(メッシ)がプレーしているのを何年も見続けてきている。彼は、信じられなうくらいすごいし、彼とピッチでプレーできるのは夢だ。いつだって幸せだ」と話した。

mini_2020-02-02 BARCELONA-LEVANTE 59

次から次への新記録

ここまで、トップチームとプレーした18試合で、ファティはすでに5得点をマークしている。そのうちの4ゴールは、リーガで、オサスナ、バレンシア、レバンテを前に決めている。パンプローナでゴールを決めた時、それは、リーガにおけるバルサプレーヤーとしての最年少ゴール(16歳304日)となった。その数日前には、別の記録を作ったばかりだった:リーガにおいて、バルサでデビューした最年少選手(16歳298日)となった。ボルシア・ドルトムンドを前に、16歳321日でチャンピオンズリーグでも、同じ記録を作った。

オサスナがゴールを決めた2週間後に、カンプノウでバレンシアを前にプレーし、ゴールを決めたファティは、スタメンでプレーし、ゴールを決めた最年少選手となった。フレンキー・デ・ヨングに送ったアシストのおかげで、彼は、リーグ戦の同じ試合で、ゴールとアシストを決めた最年少選手 (16歳318 日)となった。インテル戦でのゴールは、チャンピオンズリーグ史上での最年少ゴール(17歳40日)となった。 

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ