アンス・ファティについて知っておくべき全て

アンス・ファティについて知っておくべき全て

アンス・ファティは、2002年10月31日にギネア・ビサウに生まれ、FCバルセロナに若干10才でやってきた

アンスマネ・ファティ  (2002/10/31生) は、ギネアビサウの首都、ビサウに生まれた。ストライカーは、6歳の時にセビージャにやってきて、そこでセビージャFCの株カテゴリーでプレーした。2012年、アンスは、バルセロナにやってきて、アレビンAカテゴリーに入り、そこから、FCバルセロナの数々の株カテゴリーを過ごし、トップチームにたどり着いた。

2019年8月25日、アンス・ファティは、バルサ史上において、リーガでトップチームデビューを果たした最年少ランキング2位の選手となった。デビューした時の年齢は、16歳298日。彼を超える唯一のクラブ史上の選手は、16歳9ヶ月7日でデビューしたビセンテ・マルティネスのみだ。

31番の背番号を背負ったフォワードが、カルラス・ペレスにかわって、78分にピッチにたったベティス戦は、バルサがカンプノウで5-2と大勝を収めることになった 2019/20年リーガ2節の試合のことだった。

リーガでバルサと共にゴールを決めた最年少選手

2019年8月31日、オサスナを前にサダルで行われた試合で、アンス・ファティは、再び、歴史を刻んだ。この試合で、リーガで得点したバルサ史上最年少選手となったのだ。16歳304日でデビューを果たし、初めてリーガでトップチームの選手として決めたゴールは、カルラス・ペレスからのセンタリングを受けて決めたヘディングシュートであり、バルサの先制点となり、試合はドロー (2-2)に終わった。

記録は続く。次のリーガの試合が行われた 2019年9月14日、カンプノウで行われたバレンシア戦で、アンス・ファティは、カンプノウの試合でスタメン出場を果たしたバルサ史上最年少選手となったのだ。また、たった7分間、ピッチにたっただけで、彼はカンプノウで得点した最年少選手となり、アシストもきめえて、リーガで歴史的な試合を行なったのだ。この日、アンス・ファティは、バルサのみならず、リーガの歴史において、ゴールを決めた最年少選手になったのだった。 

チャンピオンズリーグで最年少デビュー

アンス・ファティの記録は、続いた。舞台を変えてチャンピオンズリーグでの記録の番となった。 2019年9月17日、再び、31番を背中に背負って、ファティは、16歳321日で、チャンピオンズリーグの舞台でプレーしたバルサ史上の最年少選手となったのだ。マシア育ちのアタッカーは、 ドルトムンドとの対戦で、ジグナル・イドゥナ・パルクにて、レオ・メッシと交代するまで、59分間プレーしたのだった。

 

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ