マッチプレビュー:オサスナ–バルサ

マッチプレビュー:オサスナ–バルサ

ロス・アスルグラナスは4シーズンぶりにエル・サダールで試合を行う

バルサは土曜(日本時間9月1日0時)リーガ3節でオサスナと対戦する。ロス・。アスルグラナスの目標ははっきりしている。今季初勝利を挙げた前節ベティス戦(5−2)の良いイメージを保ちつつ連勝すること。エルネスト・バルベルデ監督のチームは1部リーグに復帰したチームと戦う。続けて今節試合に欠かせない要素をおさらいする。

4シーズンぶりのエル・サダール訪問

昨季2部リーグで優勝したオサスナはスペイントップリーグへ復帰した。2016/17季の2部降格からナバーラ州のチームは1部昇格に2シーズンを要した。バルサはエル・サダールでの勝利がどれだけ難しいのか知っている。同スタジアムでの計43試合の成績は17勝13分け13敗。総得点は61、総失点は52となっている。ここまで最後のエル・サダールでの試合は2016/17季15節のこと。バルサはスアレスのゴールとメッシのドブレテで0–3で勝利した。

Osasuna0-FCBarcelona3_pic__t6q9768
Osasuna0-FCBarcelona3_pic__t6q9768

上々のリーガ立ち上がり

ハゴバ・アサラテ監督のチームはとても良いスタートを切った。事実、昇格した3チームの中で唯一無敗を守っている。さらに2試合を終えて無失点を継続。開幕戦ではチミー・アビラのゴールにより0–1でレガネスに勝利、2節はホームでエイバルと0−0で引き分けている。その上オサスナは2018年4月以降、具体的には2017/18シーズンの33節から本拠地でのリーガ試合に敗れていない。

1部復帰に伴いナバーラ州のチームは偉大な選手たちを補強している。その一人が元アスルグラナ選手、マルク・カルドナ。2016年にバルサトップチームでデビュー、2016/17シーズン下部組織チームの2部昇格に欠かせない役割を果たした。

ジョルディ・アルバがアスルグラナ選手としてリーガ200試合出場

左サイドバックは2012/13季にバルサへ加入して以来、ここまでバルサ選手としてリーガ199試合に出場している。今季がジョルディ・アルバにとってバルサ8シーズン目。公式戦合計では302試合に出場しており、大会別の内訳ではリーガ199試合、チャンピオンズリーグ58試合、国王杯35試合、スペインスーパーカップ8試合、クラブワールドカップ2試合となっている。

この間バルサの18番を背負う選手はトップチームで16点を挙げ、うち9点はリーガでの得点だった。ここまで最後のゴールは2節、カンプ・ノウでベティス相手に見せたゴールラッシュの中の1つだった。

バルベルデ監督の招集リスト

この試合に備え、監督が以下の選手たちを招集した。テア・シュテーゲン、N.セメド、ピケ、I.ラキティッチ、セルヒオ、アルトゥール、ラフィーニャ、ラングレ、M.ワゲ、グリーズマン、ジョルディ・アルバ、S.ロベルト、F.デ・ヨング、ビダル、ユムティティ、イニャキ・ペーニャ、C.ペレス、アンス・ファティ。トディボとアレニャが戦術的判断で、スアレス、メッシ、O.デンベレ、ネト、ジュニオルが怪我でメンバーから外れている。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ