グリーズマンのインタビュー 10フレーズ

グリーズマンのインタビュー 10フレーズ

バルサの新アタッカーは、バルサTVのインタビュー「ようこそ、グリーズマン」の中で、バルサにやってきたことの意味などについて語った

アントワーヌ・グリーズマンは、 FC バルセロナで成功するために、自らのクオリティを証明したいという思いを胸にやってきた。メコン生まれのフォワードは、ここにたどり着き、プロサッカーで成功するために、辿ってきた道がどんなものであったかについて、強く意識しており、地に足をつけて、バルサに喜びをもたらし、チームが必要とする一助となることを確信している。バルサTVが制作した特別番組、「ようこそ、グリーズマン」の番組インタビューの中では、カンプノウのピッチに一刻も早くあがりたいという気持ちを吐露している。インタビューで話した内容を10のフレーズで振り返ろう。

始まり

「最初は、とても大変だった。僕はクラブの育成センターに入るためのテストを受けたけれど、いつもネガティブな答えが返ってきた。背が低いという理由で、断られたんだ。僕にとっては、問題じゃなかった。なぜなら、サッカーは足でするものだからだ。僕の父の助けと共に続けて、そして最終的にレアルソシエダが現れたんだ」

レアル・ソシエダ

「ようやく、僕のフィジカルじゃない、テクニックに目をつけてくれる人が現れた。それは大きな喜びだった」

「僕の両親は、経済的に毎回、僕を見にくることはできなかったー家から900キロ離れたいたからーし、僕も家に行くことはできなかった。試合や学校があったから・・・。僕の家族と会えるのは、12月の10日間だけだった。冬の日が短い日には、泣いてしまった辛い時期もあった」

「このユニフォームに袖を通し、カンプノウの芝の上に立ち、僕の新たなサポーターと楽しみたい」

アントワーヌ・グリーズマン

プロデビュー

「レアルソシエダが、僕と初めてプロ契約をしてくれた。僕らは2部から1部に昇格できて、その後、チャンピオンズに出場できる順位を得た。成長するのに最適な場所だったし、僕は多くのことを学んだ。全ては、彼らのおかげだ」

アトレティコ・マドリードでの時間

「チョロ・シメオネから学べたことは、大きな幸運だった。彼のおかげで、僕はとても高いレベルを手にすることができた。アトレティコでは、休息は、1日もない。フィジカル面を要求され、専順つ的にもとてもよく訓練される。誰も、根を上げることはできない」

バルサへの移籍

「誇りだし、目標がかなった。僕はここにいられてとても幸せだし、それは家族も同じだ。僕は準備ができているし、このユニフォームに袖を通し、カンプノウの芝の上に立ち、僕の新たなサポーターと楽しみたい気持ちでいっぱいだ」

「今までは、試合を見て、どうやっているのかを注目し、それから、練習やピッチで実践していた。試合で大事な連携が持てることを期待しているし、みんなですごく楽しめることを願っている」

mini_2019-07-14 PRESENTACION GRIEZMANN 12
mini_2019-07-14 PRESENTACION GRIEZMANN 12

メッシ

「彼はナンバーワンだ。バスケットのイメージが、レブロン・ジェームスなのと同じだ。メッシは、サッカーのイメージそのものだ。なぜなら、他と一線を画したものを持っているからだ。30年ごとあるいはそれ以上に一回、見られるかどうかというものを持っている」

新たなゴールセレブレーションの準備

「カンプノウでの新たなセレブレーションを準備しているところだ。うまくいくといいけど、それに関するヒントは与えられないよ」

バルサへの貢献

「僕は試合数もアシスト数も設定しない。ピッチの内外できっと楽しめると確信しているし、できる全てを尽くして助けるためにやってきた。喜びを与えられるようにするよ」

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ