バルサ女子、ヨーロッパの夢は次回へ

バルサ女子、ヨーロッパの夢は次回へ

バルサ女子は、UEFA女子チャンピオンズリーグ決勝で、オリンピーク・デ・リヨンを制することができなかった

叶わなかった。バルサ女子のヨーロッパでの最初のタイトルは、次回を待つことになった。バルサの女子選手は、最後まで、オリンピーク・リヨンを前に戦ったが、リヨンは、この10年間で、4度目のチャンピオンズリーグ連覇となるその実力をこの土曜日に見せつけた。とはいえ、敗戦の結果を問わず、この選手グループは、クラブ史に刻まれることになった。

バルサ女子は、プロ化してから5年間、成長の歩みを止めることなく、UEFA 女子チャンピオンズリーグの準優勝のメダルを獲得し、歴史的なマイルストーンを刻んだ。

この選手グループは、ほぼ完璧なチャンピオンズリーグを過ごしてきたが、この欧州のトップの大会の決勝でプレーするのは、初めてだった。途中で、監督が変わったこのチームは、チャンピオンズリーグでは、たった一度しか負けていずー32強でビークに負けたのみー、7試合連続無失点で、ブダペストまでやってきた。バイエルン、LSKクヴィンナー、グラスゴーシティ、ビーク・カジグルトの全チームを制してここまでやってきた。

とりわけ、この大会におけるバルサ女子の成長は、注目に値する。4年続けて、ヨーロッパにベスト8までたどり着く、非常に良い役割を果たしており、準決勝まで  - 2016/17シーズン- たどり着いたことがあるが、その際の相手は、最終的にチャンピオンとなったPSGだった。

今年、チームは、道の最終地点までたどり着いた。最終的に最高の栄誉には手が届くことはなかったが、これは、これからの未来への始まりにすぎない。このジェネレーションの選手たちは、既に一つの歴史を刻んだ。 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる