スアレスとコウチーニョがリバプールを警戒

スアレスとコウチーニョがリバプールを警戒

バルセロナ加入前に‘レッズ’の所属だった2選手が、カンプ・ノウでの対戦を前にそれぞれの心境を語った

水曜日に行われるバルサ対リバプールはチャンピオンズリーグ準決勝の舞台に相応しいビックカードになる。この試合がより特別なものになるのはこれまでにイングランドチームに所属していたルイス・スアレス(2011–14)とコウチーニョ(2013–18)。クラブメディアが行なった独占インタビューでウルグアイ人FWとブラジル人MFがレッズとの対戦について分析した。

インタビューでの両選手の主なコメントを振り返る:

ルイス・スアレス

「もう何年もチャンピオンズリーグの準決勝を戦っていなくて、僕らは目標を達成する意欲にあふれている」

「チャンピオンズリーグでは1秒でも気を緩めることができない。油断すれば高いツケを払うことになる」

「カンプ・ノウの雰囲気から、ファンもこのタイトルを願っているんだってことを僕らにはっきり認識させた」

「リバプールは後方からビルドアップし、中盤にとても良い選手たちがいて良い形でフォワードへボールをつなぐ。僕らと同じような形でプレーすることができる。スタイルにそれほど大きな違いはないけど、両者ともに強いチーム」

「アンフィールドへ戻るって事で僕に気持ちの高まりがあるってことは明らか。あそこでは多くの愛情を感じることができた。とても特別な試合になるってヘンダーソンと話をした」

mini_2019-04-26 ENTRENO 08
mini_2019-04-26 ENTRENO 08

コウチーニョ

「僕にとって初めてとなるチャンピオンズリーグ準決勝で出場し、良いプレーをしたいって意欲がすごくある。その上アンフィールドへ戻るというのはとても特別なこと。なぜって僕はリバプールでとても幸せだったから」

「チャンピオンズリーグというのは僕らの大きな目標で、こういった試合に臨むため強いメンタリティーを持ち合わせなければならない」

「リバプールは特にホームでとても強いメンタリティーがあるチーム。攻守両面で素晴らしいチームで、僕らは注意しなければならない」

「彼らは単に前線が強いだけではなく、全体として偉大なチーム。アンフィールドには並外れた雰囲気がある」 

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ