チャンピオンを祝ったカンプノウ

チャンピオンを祝ったカンプノウ

リーグタイトルをカンプノウで手にしたFCバルセロナをカンプノウがバルサカラーに彩り、歌やダンス、花火にあふれる夜となった

2019年4月27日の夜、FCバルセロナは、クラブ史上26回目のタイトルを祝った。2年連続のリーグ優勝であり、実に最近、11年間で8回目のリーグ優勝だ!また、ほぼ、完璧なリーグ戦を行なったあと、バルサは、リーグ3節を余しての優勝を決めたのだった。

土曜日の夜にレバンテを前に決めた1-0の勝利を手にしたあと、課題を片付けた今は、パーティタイムだ!もちろん、水曜日にやってくるリバプール戦は、軽くは扱えないが、今夜だけなら、ちょっと楽しむことは、誰もが許してくれることだろう。

また、この試合がカンプノウで行われ、ここで手にしたとあり、ゲームが行われている時から、ムードは最高であり、レオ・メッシのゴールが決まった時も、もちろん、セレブレーションがあった。

音楽と花火

トップチームのキャプテンとして、再び、彼がリーグ優勝のトロフィーを手にすることになった。メッシにとっては、10回目のリーグ優勝杯だが、バルサのキャプテン章をつけては、初めての優勝杯となった。彼らの優勝した時のシャツにあったメッセージのごとく、チームが、この信じられないほどの素晴らしい選手たちが、日々のできごとをアートに変えたのだ。

音楽が始まり、このために書かれたマルク・パロットによって書かれた歌、 Extraordinari (並外れたなどの意) のパフォーマンスが、ラモン・ミラベットエレナ・ガデルによって行われた。この曲と共に、選手は、ピッチをぐるっと周り、スタンドのサポーターからは、いつものチャント、カンペオーネス!の掛け声がかかり、歌がうたわれ、また、一部の選手の家族も、このピッチでの祝勝に加わった。

リーグ優勝は、スペクタクルな花火がバルセロナの夜空に広がり、バルサカラーに染まり、何万というカメラのフラッシュが光る中、幕を閉じることになった。

並外れたチームのマジックを味わう夜となった。そして、これが、ここから後にまだ続いていく最初のセレブレーションでありますように! Força Barça!

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる