準決勝進出!

準決勝進出!

メッシのダブルゴールとコウチーニョのゴールで、バルサは、マンチェスターユナイテッドをカンプノウで下し、準決勝進出を決めた。

カンプノウで行われたチャンピオンズリーグベスト8第2レグ、FCバルセロナ対マンチェスターユナイテッドの試合は、オールド・トラフォードの勝利(1-0)に続き、第二レグでも、3-0とバルサが試合を制し、メッシとコウチーニョのゴールで、バルサは、準決勝進出を決めた。

メッシが決めた5分間

 キックオフの笛が鳴った途端、まず、最初にシュートチャンスを得たのは、マンチェスターユナイテッドの方だった。前半1分、ラッシュフォードのシュートがポストに弾けた。前半10分、エリア内のラキティッチへのファウルを主審が一度は、バルサ有利のPKと判定したものの、VAR判定でPKは取り消され、試合は、再び、0-0に戻ったが、その状況は、たった5分で変わった。

前半15分、右サイドからフリジを抜いて、メッシが先制点をマーク。更に前半19分、正面からメッシが放ったポテンシャルあふれるシュートは、デ・ヘアの手をすり抜けて、ゴールに吸い込まれた。バルサは、4分間の間に、試合を2-0にし、前半終了間際も、メッシの個人プレーから、アルバのアシストを受けたセルジ・ロベルトがシュートを放つも、デ・ヘアのスーパーセーブにより、2-0でハーフタイムを迎えることになった。

また、メッシがベスト8でゴールを決めたのは、実に6年ぶりであり、メッシは、今季のチャンピオンズリーグでのゴール数を10に伸ばして、勝利の流れを作った。 

コウチーニョのスーパーゴール

後半16分には、コウチーニョがエリア外からスーパーゴールを突き刺し、バルサはスコアを3-0に広げた。その3分後、後半19分には、メッシがオーバーヘッドでシュートし、ハットトリック寸前も、わずかにデ・ヘアの守るゴールの枠をそれ、得点にはならなかった。後半26分、バルベルデは、セルジ・ロベルトに変えてセメドを投入。後半30分には、アルトゥールに変えて、ビダルを、後半36分には、コウチーニョに代えて、デンベレをピッチに送った。後半44分には、アレクシスがシュートも、際どいところで、テア・シュテーゲンがスーパーセーブをみせ、ホームでの失点を許さずに試合を終えた。

 バルサは、3-0(合計4-0)で試合を終え、堂々と3年ぶりの準決勝進出を果たすことになった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる