リーガでのクラシコ

リーガでのクラシコ

今季、すでに行われたリーガでのクラシコ、5-1の試合を再現!

記憶に残るクラシコ。 2018/19年リーガにおける最初のクラシコ 5-1 は、まさに努力せずとも、すぐに脳裏に浮かぶようなクラシコになった。エルネスト・バルベルデの率いる選手は、カンプノウのグリーンの上で、バルサスタイルを披露し、5得点を突き刺した。今週の水曜日、今季、二度目のクラシコがやってくる。ここから、バルサは、25日間の間に3回ものクラシコー国王杯の準決勝でのホーム&アウェー戦とリーガーを行なうことになる。

2018年10月28日、バルサファンは、試合前から始まり、試合中も、あの歴史に残るバルサーマドリード戦を楽しんだ。サッカーの祭典、バルサらしさが爆発し、試合終了の笛が吹いた後、バルサの選手は、ピッチの上で家族と喜びを分かち合うことができたのだった。

あの5-1 は、著名な俳優であり、モデルであるフアン・ベタンコートがファンの一人として、カンプノウを訪れ、選手と挨拶をするなど、ピッチ外でも、贅沢な午後となった。スタンドは、バルサ一色に染まった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる