トップチーム、メモリアルエリアへ

トップチーム、メモリアルエリアへ

バルサのトップチームの選手は、火曜日の練習前に、ジョセップ・リュイス・ヌニェスに最後のお別れを告げにメモリアルエリアへ足を運んだ。

FC バルセロナのトップチームの選手も、ジョセップ・リュイス・ヌニェスに別れを告げるため、練習の前にカンプノウに設置されたメモリアルエリアを訪ねた。バルベルデの率いるチームの選手は、1978 年から2000年まで、22年間に渡り、クラブの会長職を務めたジョセップ・リュイス・ヌニェス氏への追悼をおこなうべく、火曜日の練習前に、カンプノウへ足を運んだ。トップチームは、明日、カンプノウでクルトゥラル・レオネサを前に国王杯の対戦を行う予定だ。

水曜日に行われるこの国王杯の試合で、選手は、みな、追悼の意を表し、喪章をつけてプレーする。また、最初バルセロナのフラッグも通常より、低い位置に下げられ、喪に伏すことを表現する。

メモリアエリアは、火曜日中(10時から夜の21時まで)、水曜日5日午前中(10時から14時まで)まで、設置されている。サッカーのトップチームの他、ホッケーのトップチームも訪れており、明日までに他のプロ、アマチュアのスポーツクラブチームのメンバーが訪問する予定だ。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる