ネイマールを最多得点王にバルサ、初のインターナショナルチャンピオンズカップ制覇

ネイマールを最多得点王にバルサ、初のインターナショナルチャンピオンズカップ制覇

エルネスト・バルベルデの指揮下の元、シーズンに向けて準備を行ったアメリカ遠征ツアーのハイライトデータ

FCバルセロナは、今週の日曜日にアメリカでの遠征ツアーを終え、最後の試合では、レアルマドリードを2-3で破った。 この勝利で、エルネスト・バルベルデは、初めてインターナショナルチャンピオンズカップを制覇することになった。アメリカツアーのこの大会での興味深いハイライトデータをここで振り返ってみよう。

  1. 初めてのインターナショナルチャンピオンズカップ制覇。バルサはこの大会でユベントス(1-2)、マンチェスターユナイテッド(1-0)、レアルマドリード(2-3)を内容の良いプレーで制した。
  2. バルベルデは、招集した26人の選手中24人をユベントス、マンチェスターユナイテッド、レアルマドリードとの試合で器用した。唯一、プレーすることがなかったのは、ドウグラスとエスキエタだった。 
  3. アメリカ遠征中に行われた練習の回数は、8回であり、日によっては、1日に二回、ダブルセッションが行われた。トレーニングは、ニューヨーク、ワシントン、マイアミで行われた。 
  4. 試合の内訳は、6得点3失点だった。インターナショナルチャンピオンズカップに3試合参戦したあとの結果は、1試合平均2得点1失点というポジティブなものだった。 
  5. エルネスト・バルベルデ は、FCバルセロナの監督になってから、3試合を率いて、現在、無敗だ。. 
  6. インターナショナルチャンピオンズカップでプレーした270分間中、エルネスト・バルベルデの指揮下、最も多く起用されたのは、シレッセンであり、225分間プレーした。それに続くのがピケ、ラキティッチ、セルヒオ、ネイマールJr、ジョルディ・アルバの 163分間だった。 
  7. ネイマール Jrは、今回のツアーで、最多得点王として活躍し、バルサの勝利に貢献した。ブラジル人クラックは、ユベントス戦、マンチェスターユナイテッド戦、レアルマドリード戦、全試合に参戦し、3試合で3得点をあげた。
  8. 今回のツアーで、得点を決めた選手は、4人で、ネイマールJr(3)、メッシ、ラキティッチ、ピケだった。
  9. 週末に行われたクラシコで、シレッセンは、全体の75%をセーブし、マンチェスターユナイテッド戦でMVPに選ばれたそのクオリティを改めて、みせた。 
  10. FCバルセロナは、クラシコでレアルマドリードに比べ、約倍数のパスを送った。エルネスト・バルベルデの率いるチームは、 634回のパスを通し、一方のレアルマドリードは、 375回だった。また、ツアー中にバルサは、常に対戦相手よりも多くのパスを出し、その成功率は 常に83%を越える( ユベントス戦で87% 、マンチェスター戦で84%、レアルマドリード戦で 86% )精度の高いものだった。
Força Barça
Força Barça
記事を閉じる