アンドレス・イニエスタが今季限りでの退団を発表

アンドレス・イニエスタが今季限りでの退団を発表

チームのキャプテンは 「自分自身、そして僕にすべてを差し出してくれたクラブに対しに正直に」自身の決定を説明、所属22年所属したクラブを去るとした

これが公式発表—。クラブ歴代最高選手の一人、アンドレス・イニエスタが今シーズン終了をもってFCバルセロナを去ることになった。アスルグラナの8番が金曜、クラブ総合練習場に数えきれないほど集まった記者団を前に発表した。「この記者会見は今シーズンが僕にとって最後になるという決定を発表するもの」だと話した。

すでに噂にはなっていたものの、バルセロニスモは選手の継続を信じていた。しかし彼は決断に至った理由を以下のように説明している。「僕に残って欲しいと思っている人たちがいるってことは分かっている。僕はいつでも自分自身、クラブにとって誠実であるように努めて来た。一番の理由はここでの僕の時代が終わったと理解しているから」とした。

家族やチームメイト、スタッフ、クラブ幹部が見守る中、イニエスタは正直に自身の気持ちを語った。「誰もだましたくはない。数日後には34歳になり、この数年僕は出来る限りのことをしてきた。自分自身、そして僕にすべてを差し出してくれたクラブに正直であり続けた。僕の時代は終わったと理解していて、12歳の僕を受け入れてくれたクラブには最高の僕が相応しいと考えている」

続いてファン、チームメイト、監督、家族と順に感謝の言葉を語った。また自身は去ってもバルサの勝利は続くと確信している。「これまでにたくさんの選手たちが去った。イニエスタは去るがバルサは良いプレーを続けるし勝ち続ける。この先もサッカー、そして人生は続く」

12歳でバルサに入団し34歳で退団。バルサでの22年のうち16年はトップチームで過ごしており、デビューの瞬間は特に特別なものだったという。「ここでプレーするにあたっての要求の高さがどういうものなのか分かっている。このクラブでキャプテンになる意味と責任感も分かっている」。少年としてやってきた彼は一人の立派な大人として立ち去ることになる。

今後については明言を避けたが、唯一語ったのはバルサと対戦することがない所、ヨーロッパ以外へ行くとしている。

1人の象徴、紳士としての出発。いつもながらのシンプルさと謙虚さ。君の幸運を祈り、またの再会を楽しみにしているよ。アンドレス

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる