歴史を変えたクラシコ

歴史を変えたクラシコ

FC バルセロナは、96勝目をあげ、87年間の歴史の中で、初めてレアル・マドリードを上回る勝利を手にした

FC バルセロナは、 'エル・クラシコ' での勝利数において、サンティアゴ・ベルナベウで手にした 1-0のおかげで、先んじることになった。バルサは、87年間の歴史において、ベルナベウでのクラシコが2試合ある週に、両試合を制して、勝利数で上回った。

この両者の試合、最初のクラシコ公式戦は、ジョアン・ガンペルが創立したチームの勝利で幕開けとなった。1901/02年の国王杯であり、ジョアン・ガンペル自身もゴールを決め、1-3の勝利をあげた。それから、最初の13回のクラシコ(国王杯7回、リーグ戦6回)が終わるまで、バルサが6勝、マドリードが5勝、2分とバルサ有利の数字だった。だが、1931/32年のシーズンが始まり、 1932/33年以降、傾向は変わり、クラシコの手綱をレアル・マドリードが手にするようになった。

それから、長い時間が経過し、 2012年にベルナベウでバルサが2-1の勝利を決めた後、両者は86勝ずつ、勝ちわけたが、その日から、両者のシーソーゲームは、続いた。それがようやく崩れたのが、2019年3月2日の土曜日だった。ちょうど10年前、レアル・マドリードは、 85-78で、バルサを前に7勝差でリードしていたが、それから、10年後、その数字は、 96 - 95と逆転することになった。

このリーガにおけるサンティアゴ・ベルナベウ での勝利(0-1)の後、バルベルデの率いるバルサは、87年ぶりにレアル・マドリードの勝利数を上回ることなった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる