カンプノウで6年間無敗

カンプノウで6年間無敗

レアル・マドリードとドローに終わったFCバルセロナは、クラシコにおいて、カンプノウで2013年2月26日以来、負け知らずだ

FCバルセロナは、6年間、カンプノウでの国王杯では、負け知らずだ。レアル・マドリードを前に、2018/19 年の国王杯準決勝第一レグは、ドロー(1-1)に終わり、連続無敗記録が継続することになった。スタジアムで行われる国王杯では、負け知らずとなりつつある。

18 勝2 分

最後にバルサが国王杯においてカンプノウで勝利をあげることができなかったのは、2013年2月26日まで、遡る必要がある。じゅんk熱唱であり、当時、ティト・ビラノバが率いていたバルサは、1-3で破れたのだった。その時以来、バルサは、20試合をカンプノウで戦っているが、その内訳は、18勝2分けだ。 

また、この20試合連続無敗記録に、90得点14失点という見事な得点率も特筆に値する。ちなみに、バルサのカンプノウでの勝利を阻んだのは、今回のレアル・マドリードとの準決勝と 2016/17年のアトレティコ・マドリードとの準決勝だった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる