アベル・ルイス、トップチームデビュー

アベル・ルイス、トップチームデビュー

バルサB のストライカーは、カンプノウでヘタフェを前にデビューし、25分間プレーした

アベル・ルイス は、カンプノウでトップチームの選手としてプレーすることを知ることになった。バルサBのストライカーは、ヘタフェを前に 2-0の勝利をあげた試合で、トップチームデビューすることになり、ミランダ、チュミ、クエンカ、リキ・プッチ、ワゲ、コジャドについで、バルベルデが今季、バルサBから、トップチームデビューさせた7人目の選手となった。

19才の選手は、フィリペ・コウチーニョに代わって、68分に出場し、リーガの試合で残りの25分間をプレーした。

アベル・ルイスは、バルサBと共に、今季、21試合でプレーし、3ゴールをkめている。バレンシア出身の選手は、クラブのユースカテゴリーで過ごし、U19代表選手として、 2018年UEFAユースリーグで優勝した時のメンバーだった。

「長い間、ユースで育ってきた選手なら、誰でもこれは夢だし、このチャンスを手にできる日を本当にずっと求めていた。もっとチャンスがもらえるように、一生懸命やっていくだけだ」とデビューしたストライカーは、試合後に語った。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる