fcb.portal.reset.password

日本の大宮アルディージャが8月に東京で行われたワールド・チャレンジ・カップの決勝で対戦し敗れた選手たちを慰めたバルサのインファンティルBチームの選手たちに感謝の気持ちを伝えた。セルジ・ミラ監督のチームの行動はサッカー育成部門が模範にすべき行動だと世界中に伝えられた。今回は大宮アルディージャジュニアの森田浩史監督とキャプテンの多久島良紀くんがインファンティルBの行動を讃えるビデオを作成した。

ビデオでは監督がチームとしてのバルサのプレースタイルと ともに選手たちの振る舞いに尊敬の気持ちを示した。多久島良紀くんはバルサの選手たちの振る舞いに驚かされたとし、今後同じような状況があれば「勝敗を越えてお互いに讃え合うことのできる人間性を磨きたい」と話している。最後にビデオでは最後に大宮アルディージャのチーム全員がバルサに感謝のあいさつをした。

上に戻る