fcb.portal.reset.password

チャンピオンズのグループリーグ初戦は、今季のヨーロッパにおける最初の勝利であり、メッシの今季最初の最高のエキシビジョンとなった。バルサは、ホームのカンプノウで、PSVを前にメッシのハットトリックとデンベレのゴールで、4-0で試合を制し、今季の無敗記録を欧州でも続けた。

この試合で、コウチーニョは、バルサのユニフォームを着て、チャンピオンズリーグでのデビューを果たすことになった。

「死のグループ」と名付けられたこのグループの初戦、PSVを前にした試合で、先制点をマークしたのは、キャプテンのレオ・メッシ。メッシは、このゴールでチャンピオンズリーグにおけるメッシのゴールの犠牲となるクラブ数は、30となった。また、メッシは、このゴールで、14年間連続ゴールをマークした形となった。

メッシのゴールで僅差リードし、前半を折り返した後、両チームとも同じ顔ぶれで後半をスタート。後半12分には、コウチーニョが枠を捉えるも、ズートがクリア。その後、ヘンドリックス、ロサーノと続けて、テア・シュテーゲンのゴールを狙ったものの、最初はテア・シュテーゲンが、続けてピケがクリアし、同点を防いだ。後半22分、エリア外からルイス・スアレスが放ったシュートは、バーに弾け、惜しくもゴールにならなかったが、スコアが変わる瞬間は、後半30分にやってきた。

今季、リーガにて連続で得点してきた絶好調のデンベレは、舞台をヨーロッパに変えても、その調子を崩さず、連続ゴールの記録を4試合に伸ばした。

後半35分には、ユムティティがこの試合で、2枚目のイエローを受けて、退場となり、バルサは、残りの時間を10人で戦うことになったが、その数的不利な状況も、メッシの勢いを止めることはできなかった。

メッシが今季最初のハットトリックを決めて、試合は4-0で終了。次のグループリーグは、ウェンブレーで10月3日に行われる。

上に戻る
_satellite.pageBottom();